山口すず夏がプロ転向を表明 中学生で全米女子に出たミラクル少女は東京五輪に滑り込めるか?

会見場で同級生たちからプロ転向を祝福される山口
会見場で同級生たちからプロ転向を祝福される山口 【拡大】
1月17日(木)、都内にて、山口すず夏(共立女子第二高校3年)がプロ転向会見を行い、プロゴルファーとしての抱負、そして2020年東京五輪出場を目指す決意を表明した。

中学3年時の15年に「全米女子オープン」日本最終予選会を突破。14歳341日で日本人史上最年少出場を果たし“スーパー中学生”として話題になった。以来、父娘の二人三脚で米女子ツアー参戦を念頭に置いてきたが、高校卒業を翌年に控えた18年は、米女子ツアークォリファイングトーナメント(以下、QT)に参戦。ファイナルQTでは合計8日間144ホールを戦い抜き、全体の36位タイでフィニッシュ。フル参戦資格は得られなかったものの、出場権を確保することに成功した。“プラチナ世代”と呼ばれる同学年のライバルたちに先んじて、高校卒業前にプロ転向を表明したのは、東京五輪ゴルフ日本代表を見据えてのことだ。

東京五輪の各国代表選出は、女子ゴルフ世界ランキング(ロレックスランキング)に基づく「オリンピックランキング」によって決定されるだけに、夢の舞台に出場しメダル獲得を目指すためには、早期の世界ランク上位入りは必須。

「今までは学生との両立でしたが、これからは仕事になる。結果がすべての職業ですが、楽しみつつ頑張りたいと思います。QTを受ける前までは、不安もありましたが“就職試験”だと思って“今できることをやろう”という気持ちでした。(36位は)納得いく結果ではなかったですが、出場権とプロになる権利は獲得できた。五輪出場はもともと目標にしていましたが、東京開催でなかったら、別の道を選んでいたかもしれない。ですが、自分が現役のうちに東京で五輪が開催されることはないと思ったことが、自分の心に影響をもたらしました。金メダルは五輪でしか得られないものなので“絶対に出たい!”という思いがあります」

今後は、2月の「ISPSハンダ・ヴィックオープン」でデビュー戦を迎え、「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」「ホンダLPGAタイランド」と連戦に挑む。「(スタートの試合から)予選突破し、トップ10とはいわず、優勝を目指して頑張りたい。出場できる試合でしっかりとポイントを稼いで、5月のリシャッフルまでに後半戦の出場権を獲得し、東京五輪への道筋をつけるつもりです」と意気込む。

中学生で全米女子オープンに出たミラクルを、また起こせるか?

(本誌ニュース班)
文・編集部 ※2019年1月29日号「芝目八目」より

2019年1月29日号(2019年1月8日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●あれよあれよと世界のスターに!?米ツアーでチェ・ホソン争奪戦が勃発中!
●シニアツアーが2019年日程発表 シニアルーキーにも還暦レジェンドにも注目
●苦手のソニーオープンで始動した松山英樹 「マスターズまでに上位争いしたい」
●年末でWR50位以内逃すも、今平周吾が特別招待でマスターズに出場できるワケ
●山口すず夏がプロ転向を表明 中学生で全米女子に出たミラクル少女は東京五輪に滑り込めるか?
●アリソンの原図から開場当時のコースが蘇る?廣野GCが原点回帰&近代化の改修を開始

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ