あれよあれよと世界のスターに!?米ツアーでチェ・ホソン争奪戦が勃発中!

もはや日本、韓国に収まらない人気者
もはや日本、韓国に収まらない人気者 【拡大】
昨季の日本ツアー、カシオワールドオープンの覇者、45歳のチェ・ホソンが2月の「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」で米PGAツアーデビューを飾る、と米メディアが大々的に報じている。スポンサー推薦での出場を受けたことをチェ本人に韓国メディアが確認。

「まさかこんな日が来るなんて想像もしていなかった」と、チェは興奮する。

変則スイングで知られるチェは米ゴルフ界で大ブレイク中。最初に火がついたのは昨年6月、アジアンツアーの「コロン韓国オープン」で同ツアーが投稿したチェのスイング動画だった。その“フィッシャーマンズ・スイング”と称されるユニークなフィニッシュに最初に目をつけたのは、米国にいるウェブ・ドット・コムツアーの選手、ティーク・ケリーで、チェのスイング動画とともに「今の一番お気に入り」とツイートすると、瞬く間にツアー仲間に拡散。ツアー公式ツイッターまでチェに声援を送るほどになった。人気は下部ツアーだけにとどまらず、ジャスティン・トーマスが「練習場であのスイングをマネてみよう」とコメントすると、米メディアもこぞって取り上げた。

年が明けると、そんなチェを「ぜひウェイスト・マネージメント・フェニックスオープン(1月31日開幕)に推薦で出場させてほしい」と、開催地アリゾナ州のインストラクターがネット上で署名運動を開始。カシオワールドでの勝利で世界ランキング200位以内にアップしたことが招待への現実味を後押ししたようだ。

同大会は最もファンが集まる試合として知られ、開催コースのTPCスコッツデールの名物16番パー3は四方がスタンドで囲まれ、2万人ものファンが集まる。チェが登場してスイングを披露すれば“2万人の大喝采”間違いなしというわけだ。当初は伸び悩んだ署名は米メディアが報じるとスピードを増し6000人(1月15日現在)が集まっているが、大会側の動きはまだない。

それに先駆けてAT&Tが招待を決めたのだが、もし1週前のフェニックスオープンも招待すれば、こちらがチェの“デビュー戦”となる。もはや“争奪戦”ともいえるチェ人気だけに実現は大いにあり得ると米メディアは期待感を煽る。今後の動きに注目だ。

(在米ゴルフライター・武川玲子)
文・編集部 ※2019年1月29日号「芝目八目」より

2019年1月29日号(2019年1月8日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●あれよあれよと世界のスターに!?米ツアーでチェ・ホソン争奪戦が勃発中!
●シニアツアーが2019年日程発表 シニアルーキーにも還暦レジェンドにも注目
●苦手のソニーオープンで始動した松山英樹 「マスターズまでに上位争いしたい」
●年末でWR50位以内逃すも、今平周吾が特別招待でマスターズに出場できるワケ
●山口すず夏がプロ転向を表明 中学生で全米女子に出たミラクル少女は東京五輪に滑り込めるか?
●アリソンの原図から開場当時のコースが蘇る?廣野GCが原点回帰&近代化の改修を開始

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ