知らぬは恥! 絶対覚えておきたいルール教室 2019年のゴルフ規則の主要変更点 -その2- ジェネラルエリア

ドロップの方法が、ヒザの高さから落とすことに変わります

従来スルーザグリーンと呼ばれていた区域はジェネラルエリアに変更

 2018年までスルーザグリーンといわれていた区域(ティーイングエリア、バンカー、ペナルティーエリア、パッティンググリーン以外のコースの大半のエリア)が、新しい規則ではジェネラルエリアと呼ばれることになります。

 ティーイングエリアからプレーされた球がOBとなったり、紛失して打ち直す場合、再びティーイングエリアにティーアップすることができますが、ジェネラルエリアでは球をドロップすることになります。

 新規則ではドロップの方法も大きく変わります。18年までは球を肩の高さからドロップしていましたが、19年からはプレーヤーが真っすぐに立ったときのヒザの高さからプレーヤーや用具に触れないように真下にドロップすることになります。

 また、球をドロップする際も投げたり、回転をかけたり、転がしたりせずにドロップしなければならず、救済エリアと呼ばれるエリア内に球をドロップして、その救済エリア内に球が止まらなければなりません。

 救済エリアにドロップした球が救済エリアから飛び出た場合は、再ドロップをしなければならず(18年まではドロップした球が2クラブ以内に収まらなかったときは再ドロップとなっていた)、再ドロップした球が再び救済エリアから飛び出た場合は2回目にドロップしたときに、最初に地面に落ちた箇所に球をプレースしなければならないのです。

 また、ドロップした球が地面に落ちた後でプレーヤー自身や人、用具、他の外的影響に偶然触れても、球が救済エリア内に止まればプレーヤーは救済を完了したことになります。再ドロップと勘違いして拾い上げてしまうと罰がついてしまうので気をつけてください(新規則14-3参照)。

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ