名門コースから隠れた宝石まで設計家の思想と誕生秘話を絡め、日本のベストコースを紹介

日本のゴルフ聖地100/日本経済新聞出版社

 海外でのゴルフ経験が豊富で、訪れたコースは500以上という、米ゴルフマガジン誌『世界100ベストコース』の元選定パネリストで、ゴルフ評論家の大塚和徳氏の著作による『日本のゴルフ聖地100』が刊行された。

 本著はチャールズ・アリソン氏をはじめ井上誠一氏、上田治氏らといったコース設計家別に日本のベストコース100を設計家の思想と誕生秘話を絡めながら分かりやすく紹介。

 後半には設計家が明らかでない名コースも収録。上製・四六判、538ページ。

●価格/2800円+税
●電話/03-3270-0251
●https://www.nikkeibook.com

※週刊パーゴルフ(2019年1月8日・15日合併号)掲載

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ