知らぬは恥! 絶対覚えておきたいルール教室 2019年のゴルフ規則の主要変更点 -その1- ティーイングエリア

1打目を空振りしても違う場所にティアップしてプレーできるようになります

ティーイングエリアとはティーマーカーから奥行き2クラブレングス以内

※「最も長いクラブ」にはパターは含みません
※「最も長いクラブ」にはパターは含みません 【拡大】
 2019年1月1日より新しいゴルフ規則へと移行されます。それに伴いゴルフコースの名称も5つのコースエリアに分けられ、いくつかの名称も変わります。今回は、今までティーインググラウンドと呼ばれていた場所を取り上げていきます。

 新しい名称は、ティーイングエリアとなります。ホールをスタートする場所ですが複数のティーマーカーが置かれていて、そのプレーヤーのプレースタイルによって分けられます。

 今まではティーマーカーを置けるように短く刈り込んでいる区域全体をティーインググラウンドと思っていた方が大半だと思いますが、ティーイングエリアとは自分がプレーする色の二つのティーマーカーの最も前方を結んでその縁とし、奥行き2クラブレングスの長方形となります。

 そして、このときに計測するクラブレングスもプレーヤーが持ち運んでいるパター以外の最も長いクラブで計測しますので43インチが最も長いクラブの人は43インチのクラブ2つ分となり、48インチのクラブを持ち運んでいる人のティーイングエリアは48インチのクラブ2つ分と、個人差ができることになります。

 それ以外の場所や他のティーマーカーが置かれている箇所はジェネラルエリア(旧称スルーザグリーン)ということになります。球がティーイングエリアにあれば、いつでもティーアップしてプレーできるので、1打目を空振りして球がティーから落ちても、その球を拾い上げ、エリア内に再びティーアップして2打目をプレーすることもできます。

 その代わりに、球がティーイングエリア内にあるときは、ティーマーカーは動かすことはできなくなりましたので、1打目が空振りとなり、球がティーから落ちてティーマーカーが邪魔になっても、ティーマーカーは動かすことはできません(新規則6-2参照)。

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ