石川遼 新しい形のトーナメントを!「なにかのキッカケになれば」

「皆さんに喜んでいただければ」と語った石川
「皆さんに喜んでいただければ」と語った石川 【拡大】
ゴルフの人気拡大、ジュニア育成などを目指して今年から創設された「フューチャーGOLFツアー」。その今年最後の大会が選手会長・石川遼の地元・埼玉県の森林公園ゴルフ倶楽部で開催された。

石川をはじめ、今季初優勝を遂げた星野陸也、出水田大二郎や香妻陣一朗ら10人の男子プロが出場。来場者は初日に約800人、2日目には約840人を記録した。

石川は1打差で優勝を逃し2位で終戦。

「新しいトーナメントの形として、今後なにかのキッカケになればな、と。やってうまくいかないこともあると思うのですが、今回は皆さんに喜んでいただけたと思います」(石川)

自身のプレー以外にも、いろいろなものを背負って戦った1年。その最後にホッとした表情を見せた。
文・編集部 ※2019年1月15日号「トーナメントフラッシュ」より

週刊パーゴルフ2019年1月15日号(2018年12月25日発売)のトーナメントフラッシュでは、以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●上田桃子 ファンからパワーチャージ!
●重永亜斗夢 「影が薄いね」池田勇太が送った激励
●藤本麻子 地元・岡山の役に立ちたい!
●秋吉翔太 不思議な縁で出合ったグリップ
●石川遼 新しい形のトーナメントを!「なにかのキッカケになれば」

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ