[年末特別集中企画]2018-19年版 売れまくり!ヒット商品研究「テーラーメイド M GLOIRE」

これは納得!Mグローレ簡単にハイドローが打てる〈Mグローレ〉は従来の〈グローレ〉と何が違うのか。そこで今回は、ツアープロ・谷口拓也に試打してもらい、〈Mグローレ〉ドライバーとアイアンの特性と、そこから見えるゴルフスタイルやゴルファー像を語ってもらった。

やさしさと機能の融合 前作と明らかに違う飛び

 これまでの〈グローレ〉はボディの素材がすべてチタンでしたが、〈Mグローレ〉はクラウンやソールの一部にグラファイト・コンポジットを採用した複合素材構造になり、見た目が大きく変わりました。

 やはりグラファイト・コンポジットを採用すると、ヘッド設計がより自由になります。軽量化でできた余剰重量を最適配分することで、さらなる低重心化が可能です。

 また、シャフトの調整機能をなくしたことで、重心距離がより短くなり、つかまりの良さも高まります。

 実際に試打すると、それらの効果がしっかり出ます。ヘッドが勝手にターンするので、ボールが驚くほど良くつかまり、また打ち出しから高く上がってくれます。

 それに〈M3/4〉にも搭載している「ツイストフェース」により、オフセンターヒットしてもボールはほとんど曲がりません。ヘッドスピード35~40メートル/秒前後の人が手にすれば、気持ちいいほど力強く飛ばせるでしょう。

 それに今回は、ツイストフェースがフォージド製法になり、打感がとてもマイルドになったのもいいですね。

 もともと〈グローレ〉はやさしさを追求したクラブですが、そこに〈M3/4〉の最先端のテクノロジーを融合することで、飛びの機能もプラスされたクラブになっていると感じます。ボールが楽につかまってドローボールが楽に打てるので、スライスに悩んでいる人は、是非試してほしいですね。
  • 取材協力
    トラックマン4
    トラックマン ジャパン ゴルフ
    TEL:03-5244-9320

つかまりを求めている人が
ドローになる〈Mグローレ〉
〈Mグローレ〉はハイドローで飛ばせるやさしさを備えていますが、一方でヘッドスピードが速い人(43メートル/秒以上)や、ボールを自分からつかまえるタイプの人は、〈M3/4〉を選択するのがいいでしょう。そのぐらい〈Mグローレ〉はドローボールで飛ばせる設計になっています。
  • クラウンが丸みを帯びているので目との距離が近く、ヘッドがわずかに大きく見えるため、やさしく感じる
  • 「フォージドツイストフェース」のおかげでオフセンターヒットしてもミスにならない。曲がらずよりまっすぐに飛ぶ


こんなゴルファーに向いている
スライスに悩んでいる人はもちろんですが、打点ぶれによるミスが出やすい人、ボールがなかなか上がらない人は、理想に近い弾道で飛距離を伸ばせます。
衝撃を緩衝するダンパーを溝の間に搭載しているため、インパクトの衝撃を吸収。落ち着いた打球音と心地いい打感が手に伝わる

やさしく、楽に飛ばせる
アイアンの苦手を克服

 ヘッドサイズがやや大きく、オフセットが適度にあるので、ボールが楽につかまって飛ばせます。ダウンスイングでヘッドが戻ってくる感覚があるので、振り遅れや多少ダフリ気味にインパクトしても、ボールはしっかり上がります。

 試打した7番はロフト角が27度でかなりストロングロフトですが、高くボールが上がるので、7番の弾道そのものです。高さでボールを止めることができます。

 またフェースが反発する分、初速が速く、ボールに直進性があるため、ほとんど曲がりません。こういうやさしいアイアンを使えば、ショットが安定し、スコアメイクがしやすくなります。ドライバー同様、つかまえて高弾道で飛ばせるのが魅力です。

Mグローレ アイアン●価格:[5本セット/#6~#9、PW]11万5000円~+税、[単品/#5、AW、SW]2万3000円~+税

売れまくり商品・ヒットの理由を検証

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ