<新ルール>改定の理由とコース内の名称変更

2019年1月1日、新しいゴルフ規則が施行されます。より分かりやすい、簡単、不要な罰をなくす、プレーのスピードアップに役立つ、などを目的に多くの変更がなされています。現在ルールで規定されていることも、来年になればルール違反になりかねません。主な変更点に絞ってイラストで分かりやすく説明したので、頭に入れておきましょう。

ルールをシンプルに近代化し、プレーヤーの誠実性を信じて自らの判定をしやすくした

自分自身が審判という“原点回帰”
自分自身が審判という“原点回帰”
ゴルフはコースという広いエリアで自然を相手に行う競技なので、新しい困り事(議論)が常に起こり、その都度、新しいルールや裁定が作られてきました。また、大昔は相手のプレーが見えるマッチプレーという試合形式だったものが、多くの選手が同時に競うストロークプレーが一般的になり、公正な試合のためには多くの決まり事が必要となったこともルールが複雑化した一因です。そして、そうしたルールがプレースピードを遅くし、プレーを難しいものにし、新しいゴルファーの参入を妨げる要因となっているといえます。さらに昨今は、コースやプレーヤーの変化、プレー人口の減少などへの対応もゴルフ界に求められています。

新ルールは、そうした点を踏まえて簡単にいえばルールの近代化を進めたといえます。変更点は以下のページに掲載していますが、その根幹にあるのは「プレーヤーの誠実性に頼る」ということです。

ゴルフの大きな特長は、プレーヤー自身が審判を兼ねていることです。ルールブックの冒頭の規則1にも、「規則に従い、ゲームの精神の下でプレーする」ことが期待されています。例えば自分のボールかどうかが判別できない場合はボールを拾い上げて確認することができますが、時間短縮の意味もあり、現行ルールでの告知の義務がなくなります(下記に詳細)。つまり、自分自身が審判という原点回帰でもあるのです。

新ルールでは、自らが審判であるからこそ、判断を下しやすいようにシンプルになった規則がいくつもあります。その意図に沿うように、ラウンドでは「誠実なプレーヤーであり、審判である」ようにしましょう。

◆「誠実性に頼る」に基づいた例◆ ボールを拾い上げて確認する場合 【マーカーへの告知が不要】 になった

ボールに泥がついたりしていて判別できない場合は、拾い上げて確認しないといけないケースもあります。その際は、ボールの位置をマークしてから、ついている泥などが落ちないように拾い上げられます(認識マークが確認できる程度まで泥は落とせる)。確認後のボールはリプレースします。現行ルールのようなマーカーや同伴競技者の立ち合いは不要です(規則7.3参照)。

※注意:この付録では、アマチュアゴルファーが知っておくべき基本的な変更を紹介しています。ルールの例外のケース、ルール変更による詳細な記述の変更などは省略している場合があります。詳しくは付録の巻末で紹介している「ゴルフ規則書」や日本ゴルフ協会(JGA)のホームページでご確認ください。

コース内の名称が変わり、5つのエリアに分類

コース内は大別すると「4つの特定エリア」と、それ以外の「ジェネラルエリア」に分けられ、合計5つのエリアに分類されることになります。エリアによって適用できるルールが違うので、ボールがどのエリアにあるのかの判断は大切です。

1、ペナルティーエリア(旧称・ウォーターハザード) : コース内のすべての水域がペナルティーエリアです。海、川、池、溝、排水路などで、水の有無は関係ありません。その他、ガケ、密生したブッシュなどもペナルティーエリアとなる場合があります(規則2.2b参照)。

2、ジェネラルエリア(旧称・スルーザグリーン) : ティーイングエリア、ペナルティーエリア、バンカー、パッティンググリーンの4つの特定エリア以外の場所で、そのエリアにあるすべての種類の地面、成長・付着している物(木、草など)を含みます。

3、ティーイングエリア(旧称・ティーインググラウンド)
4、パッティンググリーン(名称変更なし)
5、バンカー(名称変更なし)

2つのエリアの境界にボールがあったら?

ジェネラルエリアと4つの特定エリアのいずれかとの境界にボールが止まっているときは、4つの特定エリアに球はある、と見なされます。また、ジェネラルエリア以外の4つの特定エリアのうちの二つのエリアにボールがある場合は、次の順番で最初となる特定エリアにあることになります(規則2.2c参照)。
ボールがそのエリアにあると判断される優先順位は、
ペナルティーエリア > バンカー > パッティンググリーン > ジェネラルエリア

新しいルールでは、「プレー禁止区域」というエリアもローカルルールで設定できるようになります。ジェネラルエリア内の異常なコース状態やペナルティーエリアで設けられるもので、芝の張り替え区域の損傷防止、動植物の保護、歴史・文化財の保護などがその目的です(特定の色の杭や線などで表示)。この区域にボールが止まったり、スタンスやスイングの障害となる場合は、必ず救済を受けなければいけません(規則2.4参照)。
次回は、「プレーのスピードアップを目指した変更点」を説明します。
※2018年11月27日号(2018年11月13日発売)週刊パーゴルフ 【付録】新ルールより

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ