【GOLF、今この人に聞きたい!】 第126回:山口泰弘さん

 18番以外で観戦のポイントを山口さんに伺うと、会場で観戦するなら7番と16番のパー5が、お勧めだという。

 7番はティグラウンドからセカンド地点が見えないレイアウトになっている。フェアウェイは途中から下っていて、プレーヤーは左足下がりのライから砲台のグリーンに向かってセカンドショットを打たなければならない。また転がり方によってはラフに入ってしまう。運も左右するホールであり、ここでプロが熟考の末どんな選択をするのかが非常に興味深い。また16番はティマークの位置によっては2オンが可能なホール。ここでスコアを伸ばせるかどうかが成績を左右する後半のキーホールの一つである。

 また、チャリティ大会で始まった意志を引き継ぎ、チャリティにも力を入れている。今年は「バーディforチャリティ」を実施。3日間のバーディの数に応じた金額を、西日本、北海道の被災地支援に寄付する予定だ。

 さらに会場まではJR外房線土気駅を発着するギャラリーバスで約15分。首都圏在住のゴルファーならば行き帰りもそれほど大きな負担にならないだろう。

 あとはやっぱり食事は気になるもの。山口さん、何かお勧めはありますか?

 「八幡屋の鰻です。ブランド鰻を出す市原の有名店に毎年ギャラリープラザに出店いただいています。他の食事よりは値が張りますが、おいしいですよ」

 トーナメントについての山口さんの説明は、聞き手の私の頭の中でゴルフ場の絵が再現されてくるかのように臨場感がある。それは山口さん自身がゴルフ好きだからに違いない。

 「入社して宣伝部に配属になりました。宣伝部はトーナメントの運営とテレビ放送を主幹していましたから、担当している先輩を見て、いいなぁと思って横から見ていました」

 山口さんは7年前に千葉県のグレンオークスカントリークラブのメンバーになった。ゴルフを始めてから30年以上、仕事仲間や友人と連れ立ってコースに出る典型的な月一ゴルファーだった。しかし、ゴルフをもっとプレーしたい、と会員権を買うことを決意した。

 「最初は一人でゴルフに行って知らない人とお昼食べるのイヤだなと思ってたんですけど、だんだん知り合いが増えてくると気にならなくなりました。一人だと逆に、来週また来る?一緒にやらない? とかいわれて次の予定が決まったりして、すごく楽しいですね。会社のコンペももちろん面白いんですが、やりたいときにプレーできるのはいいですね」

 また頻度を上げてプレーするなら、都内の高い練習場代を払ったり、ビジター料金でプレーするよりは経済的だ。コースの練習場は安いし、アプローチやパッティングの練習も芝の上でできる。今ではクラブの月例杯にもできる限り参加するなど、プライベートでもゴルフライフを満喫している、という山口さんだ。

 話の中でラフの刈り高について触れたが、他にも大会期間を通してティマークやピン位置などはあらかじめ計画されているものの、天候や選手のスコアによって、スタート直前まで検討が重ねられると聞く。かようにトーナメント運営という仕事は奥が深い。こうした点を知るにつけトーナメント観戦がますます面白くなってくる。

 さて今年の18番は、どんなドラマが生まれるのだろうか。


山口泰弘さん(やまぐち・やすひろ)
1960年生まれ、東京都出身。84年富士通入社、宣伝部に配属されて以来、富士通レディースの開催に携わ ってきた。2015年より大会事務局長として社内外のスタッフをまとめている。入社後に始めたゴルフは30年以上のキャリア。富士通レディース会場の東急セブンハンドレッドクラブ西コースは「OBもほとんどないしフェアウェイは広く感じるし、私にとっては思いきり振れるコース。でも、一打一打を点で攻めなければいけないプロにとっては、シビアなコースなんでしょうね」

富士通の最新技術を活用しいつかはゴルフも体感型中継に⁉ 富士通はICT(情報通信技術)とスポーツを融合させ、豊かで楽しい未来に貢献しようとしている。

 「例えば、センシング技術を活用した体操競技の採点システムの実用化を進めていたり、バスケットボールのBリーグと協力して、AR技術や映像伝送技術を使った、臨場感あふれる次世代型パブリックビュ ーイングを開催したり、またイベントの人気によってチケットの価格が変動するダイナミックプライシングのシステムが構築できないか、などを進めています」(山口さん)

 ゴルフにもICTの先端技術が活用されればトーナメント観戦ももっと楽しくなったり、テレビ放送や視聴スタイルも変わるかもしれない。(写真は2016年大会で18番バンカーからの脱出を試みる笠りつ子)


週刊パーゴルフ(2018年10月23日号)掲載 / 写真・鈴木健夫

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ