男子の黄金世代を牽引する!日本オープン予選首位のアマはフィリピン帰りの桂川有人

フィリピン経由で期待の新星現る
フィリピン経由で期待の新星現る 【拡大】
日本オープンでまたもアマチュア界から新星が現れた。今年の日本学生覇者で日本大学2年の桂川有人だ。

第2ラウンドのバックナインで30をマークして65で回るなど、通算8アンダーの単独首位で予選通過。詳細な資料の残る1985年以降では、アマチュアが首位で予選を突破したのは初めて。結果的には33位タイに終わったが、光るモノを見せた。

桂川は、アジア・パシフィックアマチュア選手権を制してマスターズと全英オープンの出場権を獲得した金谷拓実(東北福祉大2年)と同学年の1998年生まれ。現在、女子ツアーで活躍中の黄金世代と同い年だ。

通信制のルネサンス豊田高校に在学中の3年間、プロになることを目指して知人の紹介でフィリピンに渡り、武者修行したという異色の経歴を持つ。ジャック・ニクラス設計でフィリピンを代表するチャンピオンコースのマニアサウスウッドG&Cの近くに拠点を置き、1週間で平均4~5ラウンドするなどゴルフ漬けの毎日を送った。

同ゴルフ場はフィリピンのトッププロが練習に来る場所で、日本ツアーでも活躍するアンジェロ・キューやジュビック・パグンサンとラウンドを共にしたり、日本ツアー通算7勝を誇るフィリピンの英雄、フランキー・ミノザと食事をする機会もあったという。

「キューさんやパグンサンさんは、リズムなどを見ているだけで勉強になります。また、ショットが曲がっても、パーやバーディで上がってくるのが自分とは違うと感じました」

戦略性の高いコースや練習施設、トッププロとのラウンドなど、恵まれた環境で力をつけた。桂川のキャディバッグの中にも、こだわりがうかがえる。ドライバーの次のクラブが17度のいわゆるバッフィ(4番ウッド)。これは高校3年時からだ。

「ウェッジで打つ距離からは、2打で上がりたい」という狙いから、52度、58度のウェッジ2本から、50度、54度、58度と3本に増やした。その代わりにフェアウェイウッドは3番と5番の2本から、その間の4番ウッド1本に絞った。

追加した54度のウェッジはグリーン周りのアプローチや100”110ヤードの距離で重宝する。ウェッジを3本態勢にしたことで「ショートゲームが楽になった」。

身長167センチと小柄なほうだが、ドライバーショットは平均280~290ヤードを誇り、ショートゲームの精度が上がったことで今年の日本学生のほか、昨年は、朝日杯、文部科学大臣杯などの大学タイトルも獲得している。

高校卒業後はアジアンツアーのQTを受けてプロ転向することも考えたが、「社会勉強だったり、ゴルフ以外のこともやってみたかった」と、日本大学に進学。2年後の卒業時には、慣れ親しんだアジアンツアーに目を向けている。

「今の自分はアイアンショット以降で勝負しています。今後はティショットに不安があるので精度を上げたいですし、ショートゲームもまだまだ差を感じます。そこをもっと磨いていきたい」

プロと同じ土俵で戦い、あらためて差を感じた部分もある。先週は日本ツアー出場2戦目のブリヂストンオープンでもきっちり予選を通過。「将来はプロになってメジャーで優勝したい。一番はマスターズです」という志を持つ。「出るからには優勝したい」とプロアマ問わず、どんな試合においても優勝への意欲が高い。まだまだノビシロたっぷりの20歳。金谷とともに女子に負けない黄金世代を引っ張る逸材だ。

(本誌・小高拓)
文・編集部 ※2018年11月6日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2018年11月6日号(2018年10月23日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●日本オープン最終日で採用されたプリファードライ 天気は悪くないように見えたが、適用する基準は?
●アマ連続予選通過タイ記録 安田祐香は高校生活でも負けず嫌い
●契約プロの鑑!?日本オープン制覇の稲森佑貴 バッグの中身は、ほぼほぼ2019年モデル
●男子の黄金世代を牽引する!日本オープン予選首位のアマはフィリピン帰りの桂川有人
●家庭用としても普及し始めた3Dプリンター 大手メーカーもクラブ開発に利用していた
●2019年改訂版ルールブックは図版も文章も「分かりやすさ」重視

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ