アダム・スコット メジャー覇者の言葉がジュニアに刺さる

アダム・スコットと神奈川県の中学生、高校生たち
アダム・スコットと神奈川県の中学生、高校生たち 【拡大】
日本オープンに2年ぶり4度目の出場を果たしたマスターズチャンピオンのアダム・スコット。本戦前には、恒例の「フューチャー・ゴルファーズ・セミナー」を開催。スコットの提案で、自身の経験を次世代ゴルファーに伝える場を設け、今回は地元・神奈川県の中学生、高校生ら40人が参加した。

19歳でプロ転向し、「メジャー制覇、世界ランキング1位」を目標に掲げると、13年後にメジャー制覇、14年後に世界一の目標を達成。「何事も諦めてはいけない」などと説得力のある言葉を送った。

また、長尺パターの使用について質問されると、「新しいことを取り入れるのは恐れずに。人に何をいわれても気にすることはない。結果を気にしたほうがいい」と、長尺パターを使ってマスターズ制覇につなげた経験を語った。悩みがあったら新しい試みや自分を貫くことが大切と話した。
文・編集部 ※2018年10月30日号「トーナメントフラッシュ」より

週刊パーゴルフ2018年10月30日号(2018年10月16日発売)のトーナメントフラッシュでは、以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●アダム・スコット メジャー覇者の言葉がジュニアに刺さる
●トム・ワトソン&倉本昌弘 レジェンド同士の約束とは?
●西山ゆかり 疲れたときは水素水に限ります!

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ