【GOLF、今この人に聞きたい!】 第123回:沖野 和雄さん





特別連載 第123回レクサスブランドマネジメント部
Jマーケティング室 室長
沖野 和雄さん
「松山英樹プロのスーパープレーを見るのは、ゴルファーにとっての“アメイジング体験”ですね」
【聞き手】
山崎将志氏
(やまざき・まさし)
1971年生まれ、愛知県岡崎市出身。ビジネスコンサルタント。94年に東京大学経済学部経営学科を卒業。同年アクセンチュア入社。2003年に独立後、アジルパートナーズ、カジタクなど数社のベンチャー企業を開発。10年4月に出版された『残念な人の思考法』(日本経済新聞出版社)が34万部のベストセラーとなり、著書累計発行部数は100万部を超える。最新のハンディキャップは7.5

 グローバルに展開する高級車ブランド、レクサス。1989年に米国で誕生し、品質、機能性、そして価格の魅力により、99年から2010年まで米国の高級車市場で12年連続トップに君臨した。今ではすっかり日本の街並みに溶け込んでいるが、日本進出は05年とつい最近のこと。日本人のDNAをベースに米国で成功を収め、世界に展開するブランドが着目したのは松山英樹選手。今回はJマーケティング室 室長の沖野和雄さんに、松山選手のエピソードからゴルフとクルマについて語っていただいた。

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ