2019年ニューモデルの予約状況 ピン〈i500〉アイアンに人気殺到!

予約でスタートダッシュを切ったピンの〈i500〉アイアン
予約でスタートダッシュを切ったピンの〈i500〉アイアン 【拡大】
9月に入り2019年ニューモデルの発売が相次ぐ。先週11日の取材時は発売前だったブリヂストン〈ツアーB XD-3〉シリーズ(9月14日発売)を皮切りに、ダンロップ〈スリクソンZ585&785〉シリーズ(9月22日発売予定)、タイトリスト〈TS2&3〉シリーズ(9月28日発売予定)、ヤマハ〈UD+2〉シリーズ(10月5日発売予定)と毎週のように話題作が発売され、少し間は空くが、テーラーメイド〈Mグローレ〉シリーズ(10月26日発売予定)も準備中だ。

そこで気になるのが、発売前の予約状況だ。二木ゴルフに問い合わせたところ、意外な回答だった。

「ドライバーの予約が動いていないわけではないのですが、ピンの〈i500〉アイアンに予約が殺到しています。先週(9月1週目)の時点で予約しても、発売日(10月4日予定)に間に合わなくなるほどで、今すでに欠品状態です」

二木ゴルフでは、ピンの〈G400〉シリーズが好調で、ここ数年の攻勢がアイアンにもつながっていると見る。実際、9月6日に発売された〈i210〉アイアンも、9月3~9日の数量別売り上げ週報(矢野経済研究所調べ)で、ダントツの1位を記録している。

「ドライバーでいうと〈スリクソン〉や〈ツアーB〉は、根強いファンがいるので予約は入ります。また、〈TS〉は、まだ発表から1週間ほどの予約期間なので、悪い数字ではないですが、前評判がいいだけに、これからさらに伸ばしていくでしょう」(二木ゴルフ)

予約に関しては、アベレージ向けよりもアスリート向けのほうが動きはいいという。なぜなのか?

「アスリートブランドを好むゴルファーのほうが、1日でも早く新製品を打ちたがりますね。発売日に手に入れたいという心理でしょう」(同前)

そのため、〈UD+2〉や〈Mグローレ〉の予約の動きはスローだが、発売されれば火がつくかも、とのこと。

フタを開けてみないと分からないが、19年モデルの販売動向に注目したい。

(本誌・保科信二郎)
文・編集部 ※2018年10月2日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2018年10月2日号(2018年9月18日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●得意のグリーン上で5パット!?復帰した鈴木愛は女王の座を守れるか?
●2019年ニューモデルの予約状況 ピン〈i500〉アイアンに人気殺到!
●地震と台風でANAオープンも中止に 北海道のゴルフ場の現状はどうなっている?
●アン・シネがセカンドQTにエントリー!まだ日本ツアーを諦めていなかった!?
●絶好調のデシャンボーがライダーカップ選出 “変人”“お騒がせ男”の評判を覆すチャンス!?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ