今季の男子ツアーを席巻する“チーム孔明” 若手を導く賞金王が教える内容とは?

「チーム孔明」の面々。左から北村、小田、出水田、秋吉
「チーム孔明」の面々。左から北村、小田、出水田、秋吉 【拡大】
尾崎将司率いるジャンボ軍団、青木功の「青木ファミリー」、中山徹の「雑草軍団」、芹澤信雄の「チームセリザワ」。男子ゴルフ界にはさまざまなプロの集まりがあるが、今季ツアーを席巻しているのが、2014年の賞金王・小田孔明が率いる「チーム孔明」だ。

メンバーの秋吉翔太が2勝、出水田大二郎が1勝とツアーで計3勝。また北村晃一は九州オープンや北陸オープンなど地方オープンを制している。

その他のメンバーは尾方友彦、木下康平、和田章太郎ら主に九州出身、在住者で占められているが、そうでなくともチーム入りは可能だそうで、

「入会条件なんてないよ!来る者は拒まず、去る者は追わず(笑)」(小田)

と、ツアープロで小田のアドバイスが欲しい人間は基本的にウエルカムだという。練習ラウンドを共にするが、「スイングがどうのこうのはないんですよ。基本、コースの攻め方を教えているだけで、それが分かっちゃえば教えないし。これどう思いますか、と聞かれれば教えるけど。教えているのはコース攻略だけ。おまえの飛距離ならこうしたほうがいいんじゃないか、とか」(小田)

ツアーのピン位置をどんな球筋で攻めるか、このホールはどんな風が吹くのか。ツアーを長年経験してきた小田だからいえるコースマネジメントを若い選手たちに伝授しているという。チームのメンバーは「やっぱり賞金王の言葉はでっかいですよ」(秋吉)と、小田の言葉を大事にしながらプレーし、勝利につなげた。

若手を育てることで、小田自身もまた奮起する。

「刺激受けまくっていますよ。まだまだ、自分も前線で戦えれば」(小田)

愛弟子たちの活躍がうれしくもあり。また少し悔しくもある。

チームの合言葉は、

「“稼げ”かな。あとは“負けるな”(笑)」(小田)

お互いを高め合いながらツアーを戦うチーム孔明。勢いのある九州男児たちの快進撃はまだまだ続きそうだ。

(本誌・小路友博)
文・編集部 ※2018年9月18日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2018年9月18日号(2018年9月4日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●憧れの人からもらった言葉に奮起!渡邉彩香、いよいよ覚醒か!?
●韓国メジャーに出場した新垣比菜と藤本麻子日本人選手の認知度と人気はどれくらい?
●今季の男子ツアーを席巻する“チーム孔明” 若手を導く賞金王が教える内容とは?
●ボールマークを置いてあってもインプレーです!気をつけたいグリーン上のルールの勘違い

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ