韓国メジャーに出場した新垣比菜と藤本麻子日本人選手の認知度と人気はどれくらい?

韓国ツアーのメジャーに出場した新垣(左)と藤本(写真・Getty Images)
韓国ツアーのメジャーに出場した新垣(左)と藤本(写真・Getty Images) 【拡大】
先週開催された韓国女子ツアーのメジャー「ハンファクラシック2018」(8月30日~9月2日)に、日本人選手が出場した。

出場したのは今季日本ツアーで初優勝した新垣比菜(推薦)と藤本麻子(招待)。さらに宮里美香も推薦で出場。また、大会ホステスとして、米ツアーメンバーの野村敏京の姿もあった。

他にも日本ツアーメンバーのイ・ミニョンやユン・チェヨンもホステスとして参戦し、カン・スーヨン、ジョン・ジェウン、ペ・ヒギョンも母国ツアーに姿を見せていた。 

近年、韓国ツアーでは積極的に日本人選手を推薦・招待する大会が増加し、「機会があれば出てみたい」と語る日本人選手も多い。

では、韓国での日本人選手の認知度や人気はどれくらいあるのだろうか。韓国メディア「イーデイリー」ゴルフ担当のチュ・ヨンロ記者に話を聞いた。

「正直なところ、今大会に出場した日本の選手は大きく注目されていません。ただ、韓国ツアーで成績を残せばニュースで取り上げられるので、すべて結果次第でしょう」

ただ、無名の日本人選手に「関心を持つ、持たない」は、記者個人の興味の範はん疇ちゅうだが、このチュ記者は「大会前に新垣比菜にインタビューします。関心を持ってみようと思って」と話していた。それに、彼女が日本での〝黄金世代?の一人であることも知っていた。

去年の「ハンファクラシック」に出場した柏原明日架は現地メディアで「(米ツアー選手の)パク・スンヒョンに似ている」と報じられていたし、今年4月の韓国ツアーに初出場した森田遥は「JLPGAの新鋭」と紹介されていた。韓国でも日本の若手選手には多少、注目しているのが分かる。

「それでも賞金ランキング1位の鈴木愛は、韓国ゴルフ界では関心が高いほうです。米ツアーで優勝した畑岡奈紗のことも韓国で大きく報じられています」(チュ記者)

ただ、単発で試合に出場するだけでは、注目度が低いのはしょうがなく、「すべては結果次第」というコメントになるのも、むべなるかな。

韓国ツアーは日本とコースや環境が違い、選手層も厚く、そう簡単に優勝できないだろう。だが、長年日本でプレーするアン・ソンジュやイ・ボミらが日本で何度も優勝して広く知られているように、いずれ韓国ツアーで戦う日本人選手が出てくれば、少しずつ選手の名前や認知度は高まるに違いない。

(本誌・金 明昱)
文・編集部 ※2018年9月18日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2018年9月18日号(2018年9月4日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●憧れの人からもらった言葉に奮起!渡邉彩香、いよいよ覚醒か!?
●韓国メジャーに出場した新垣比菜と藤本麻子日本人選手の認知度と人気はどれくらい?
●今季の男子ツアーを席巻する“チーム孔明” 若手を導く賞金王が教える内容とは?
●ボールマークを置いてあってもインプレーです!気をつけたいグリーン上のルールの勘違い

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ