タイトリストやキャロウェイ、本間も……現行ドライバーが続々とマークダウン!

昨年に発売され、一世を風靡したキャロウェイゴルフの〈GBBエピック・スター〉ドライバーは4万円強で購入できる
昨年に発売され、一世を風靡したキャロウェイゴルフの〈GBBエピック・スター〉ドライバーは4万円強で購入できる 【拡大】
日本中が酷暑で暑い思いをしている中、クラブ市場も知らないうちに熱くなっていた。

7月を皮切りに、早くも2019年モデルが相次いで発表されている。すでに発表会の開催や、新製品情報をリリースした大手メーカーは、ダンロップ(スリクソンZ)、ブリヂストン(ツアーB X)、テーラーメイド(Mグローレ)だ。いずれもニューモデルの発売は9月以降を予定しているが、例年よりも発売が早くなってきている。

そこで、気になるのが、今発売中の現行モデルの価格だ。調べてみると、前出の3社は当然ながらマークダウンしていた。表を見れば一目瞭然だが、その3社は4万円近く値引きされている。
主な現行モデルのマークダウン価格(ドライバー)
主な現行モデルのマークダウン価格(ドライバー) 【拡大】
その他、マークダウン品を調べたところ、キャロウェイ〈エピック・スター〉、タイトリスト〈917D2/D3〉、本間ゴルフ〈TW737〉といったドライバーが安くなっていた。

この3社は新製品の発表は行われていないものの、タイトリストに関していえば、米PGAツアーでは次期モデルとされる〈TS〉ドライバーがプロに支給され、ジャスティン・トーマスが〈TS3〉ドライバーで勝利を収めている。

タイトリストなどのニューモデルの詳細は分からないが、進化している19年モデルの発売を待つか、安くなった現行モデルを試してみるか。悩む季節に突入したのは間違いない。

(本誌・保科信二郎)

文・編集部 ※2018年9月4日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2018年9月4日号(2018年8月20日発売)の芝目八目では、そのほかに以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●3戦2勝!黄アルムが大ブレイクしたワケを元イ・ボミ専属のチョ・ボムスコーチに聞く
●全米プロ主催のPGA・オブ・アメリカにサイバー攻撃 犯人はビットコインで身代金要求か!
●ネットのゲーム大会をUSGAが公認 日本からも“バーチャル”全米アマに参加できる

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ