優勝した秋吉翔太、ツアー最少スコアの香妻陣一朗 新〈スリクソン〉が投入早々、結果を出した

香妻陣一朗が使用する〈スリクソンZ785〉ドライバー
香妻陣一朗が使用する〈スリクソンZ785〉ドライバー 【拡大】
6月に開催されたダンロップ・スリクソン福島オープン。優勝したのは「~全英への道~ミズノオープン」で初優勝した秋吉翔太。クラブ契約は大会を主催したダンロップということもあり、普段お世話になっているメーカーに恩返しした形だ。

一方、同大会3日目に、香妻陣一朗がツアー最少ストロークタイの12アンダーをマークしたのをご存じだろうか。国内においては倉本昌弘と石川遼しか達成していない記録だ。

秋吉の2勝目と香妻のツアータイ記録に貢献したのが、二人が契約するダンロップの発表前の新しい〈スリクソン〉のクラブだ。秋吉は〈スリクソンZ785〉アイアンで、香妻は〈同Z785〉のドライバーと〈同Z585〉アイアンを使用した。

発表前だけに、ダンロップは「ノーコメント」という回答だったが、秋吉は、「新しいクラブを使って優勝できて、いい宣伝になりますよね。顔もいいし、打った感触も素晴らしかった。優勝できるアイアンということを見せられました」と、胸を張った。

香妻は「1年かけて新ドライバーのテストを重ねましたからね。飛距離が10ヤードぐらい伸びたし、ミスをしたときの曲がり幅が減った。方向をコントロールしやすいし、持ち球のドローボールも打ちやすい」と、つかまりがよく飛距離の出るプロトタイプの性能を証言した。

稲森佑貴ら、同社とクラブ使用契約を結んでいるプロ、みんながこぞって使い始めている新しい〈スリクソン〉のクラブ。発売がいつになるのかは分からないが、2019年モデルとして注目を浴びそうだ。

(本誌・保科信二郎)

文・編集部 ※2018年7月17日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2018年7月17日号(2018年7月3日発売)の芝目八目では、そのほかに以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●LPGAの内向き制度改革で現実味 5年後、日本女子ツアーから韓国人選手が消える?
●プロアマ問題の片山晋呉に処分が下る これを機にJGTOは変われるか?
●リランキング突破からシード獲得へ 女子プロ夏の陣が始まる!
●小誌のゴルフ場ランキングがきっかけで10月18日が「キャディーの日」に制定
●ゴルフが生きるためのパワーを与える!障害者ゴルファーとプロが交流を持つ意義

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ