知らぬは恥! 絶対覚えておきたいルール教室 林の中のボールのそばに埋まっていた小石が簡単に取り除けそうだったので取り除いた

解答(1)簡単に取り除けるものならば取り除くことができる

 石や地面に落ちている木の葉や木の枝などは、ルースインペディメントとして扱われていて、フェアウェイやラフに落ちているものは、自分の球が動かないように取り除くことができます。

 しかし、地面に一部が入っていて、固く食い込んでいて簡単には取り除けない石は、ルースインペディメントとして扱われないので、その石を取り除くことはできません。もし、固く食い込んでいる石を取り除いてしまった場合、ライの改善をしたことによる違反の罰を受けることとなります。

 ただし、今回のケースのように石の一部が土の中に入っていても、簡単につまみ上げることができる場合、その石はルースインペディメントとして取り除くことができるのです。地面に固く食い込んでいるかどうか分からない場合は、その石は取り除かないほうが無難でしょう。

※解説部分は原則的に「ゴルフ規則」の表記に準じています
解説・日本プロゴルフ協会(PGA)専門競技委員 飯田雅樹、イラスト・西山幸男
※週刊パーゴルフ(2018年6月12日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ