原英莉花 一球入魂!毎ショットが“運命”です

ボールに大好きな金色で“Destiny”と入れている原英莉花
ボールに大好きな金色で“Destiny”と入れている原英莉花 【拡大】
ステップ・アップ・ツアー開幕戦「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」で、うれしいプロ初優勝を遂げた原英莉花。彼女もまた畑岡奈紗、勝みなみ、新垣比菜ら黄金世代と同じ19歳だ。

レギュラーツアー第6戦「スタジオアリス女子オープン」の主催者推薦選考会を5位で通過し、本戦への出場権を獲得するなど、今、最も勢いのある選手の一人。しかもジャンボ尾崎の愛弟子だ。

そんな原の当面の目標は「なんとかリランキング(アース・モンダミンカップ終了時)までに少しでも多くの賞金を稼ぎたい」。一打がランキングを大きく左右するため、ボールに大好きな金色で“Destiny”(運命)と入れている。「やっぱり一打、一打、運命だと思って打たないと」というのが理由とか。

さて、後半戦の出場権ゲットなるかな!?
文・編集部 ※2018年4月24日号「トーナメントフラッシュ」より

週刊パーゴルフ2018年4月24日号(2018年4月10日発売)のトーナメントフラッシュでは、そのほかに以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●イ・ボミ 今年は「21」に決定!ラッキーナンバーです
●吉本ひかる プロになってから初の姉妹タッグです!
●葭葉ルミ もう一つの開幕を迎えました!
●小祝さくら ホームセンターにパットのヒントあり!?
●小倉ひまわり 自分の名前が大好きです!

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ