やっぱり認知症予防に効果あり!? 未経験シニアがゴルフを始めたら記憶力がアップした!

認知症予防におけるゴルフの役割について研究を行うウィズ・エイジングゴルフ協議会のHP http://withaging-golf.com
認知症予防におけるゴルフの役割について研究を行うウィズ・エイジングゴルフ協議会のHP http://withaging-golf.com 【拡大】
国立長寿医療研究センター、東京大学、杏林大学、ウィズ・エイジングゴルフ協議会が、共同で2016年10月より実施してきた「ゴルフによる認知症予防効果の検証」の研究結果が発表になった。

内容は、ゴルフをする習慣のない65歳以上の男女をランダムに“ゴルフを開始する群”と“ゴルフを開始しない群”に分け、6カ月間の検証期間の前と後で認知機能を比較、高齢者の認知症予防におけるゴルフの効果を明らかにしたもの。

被験者は、関東在住の65歳以上で年1回以上ゴルフをする習慣のない希望者のうち、健康上の理由などで参加できない人を除いた106人。半数の53人に半年間、プロのレッスンを受けてもらい、残り半数には90分間の健康講座教室を2回実施、二つの群で記憶力の改善結果を比較した。

詳しい数値は、現在、専門誌への論文掲載待機中ということで発表されなかったが、“ゴルフを開始する群”の「単語記憶」と「論理的記憶(ある物語の文章を示し、その内容を思い起こしてあらすじを答えてもらう)」の双方で、記憶力の向上が見られたという。そして、“ゴルフをしない群”では、変化がなかった。つまり、ゴルフをすることで記憶力が改善されるという結果が導き出されたことになる。

また“ゴルフを開始する群”へのアンケートでは、ゴルフを始めたことによる生活の変化として、「気持ちが前向きになった」(48%)、「歩くのが速くなった」(38%)、「よく眠れるようになった」(33%)など、心身の良好な変化を感じる人が多くいたという。

国立長寿医療研究センター理事長の鳥羽研二氏は、「認知症を予防するためには、体を動かしながら頭を使うことや、社会的な交流をすることが効果的とされています。ゴルフはこれらの要素を兼ね備えており、70代、80代でも続けられるスポーツとして、その効果が期待されます」という。

また、ウィズ・エイジングゴルフ協議会に参加している日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘も「医学的見地で“ゴルフは健康にいい”と証言されたことで、ゴルフをやらない人たちにも興味を持ってもらえることに期待です。シニア向けの教本作りや、9ホールや6ホールなど気楽にゴルフができるような取り組みを考えたい」と話す。

また、同じく同協議会に参加している日本女子プロゴルフ協会会長の小林浩美は「実際にプレーして体を動かしたり頭を使うだけでなく、ウェアを選んだり、メイクをしたりとワクワクすることでポジティブになると思う」と“心の健康”への効果も強調した。

今後、研究対象を全国規模に広げていければ、と鳥羽氏は意欲を見せる。詳しい研究結果の発表と、結果を受けた今後のさらなる展開が待たれる。

(本誌・武井真子)

文・編集部 ※2018年4月17日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2018年4月17日号(2018年4月3日発売)の芝目八目では、そのほかに以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●モンスターが立ちふさがる全英への道 ミズノオープンで8000ヤードは実現するか?
●意外にもパーツコーナーが人気!? 客層にも変化があった今年のゴルフフェア

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ