あの頃ワタシは若かった 昭和の履歴書 女子プロ編 vol.13 -樋口久子-




中村寅吉の熱の入った指導で“日本一”のスイングを体得!!

世界通算72勝。日本女子ツアーの草創記を牽引した樋口久子の原点は、“師匠との二人三脚”だった。中村寅吉への絶対的な信頼と、圧倒的な練習量の真実とは……。
日本女子オープンは第1回から4連勝、日本女子プロ選手権は同7連勝と圧倒的な強さだった
日本女子オープンは第1回から4連勝、日本女子プロ選手権は同7連勝と圧倒的な強さだった 【拡大】
樋口久子(ひぐち・ひさこ)
0歳 1945年10月13日、埼玉県川越市に生まれる
10歳 姉の勤務先のゴルフ場でゴルフと出合う
15歳 ハードルで中学の県大会で2位になる
16歳 ゴルフの奥深さに魅せられて陸上部を退部
18歳 高校卒業後、中村寅吉に弟子入り
22歳 第1回のプロテストでトップ合格
…………………………………………………………………
22歳 日本女子プロゴルフ選手権で初優勝し、大会初代優勝者となる
国内ツアー通算69勝、1977年全米女子プロほか海外3勝
1968~76、78、79年賞金女王

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ