あの頃ワタシは若かった 昭和の履歴書 女子プロ編 vol.11 -服部道子-

「10年やってみなさい」と母にいわれて練習を続けた

ゴルフを始めて間もない10歳のころに自宅の庭にて
ゴルフを始めて間もない10歳のころに自宅の庭にて 【拡大】
 2016年11月。服部道子は米国テキサス州オースティンに降り立った。25年ぶりの母校・テキサス大学オースティン校訪問だ。目的は、ゴルフ部のOG会参加。当時のコーチ、パット・ワイツ女史、現在コーチを務めるチームメートのケイト・ゴールデンらと旧交を温め合った。「みんな変わっていなくて。時を越えてあのころに戻った感じがしました」という時間を過ごした。テキサス大学留学のきっかけをつくってくれたトム・カイトとも話すことができた。脳裏に、濃密だった4年間がよみがえった。

 1968(昭和43)年、服部は愛知県で生まれた。母の紘子さんは62年日本女子アマ優勝者(旧姓・松波)。長女・道子は体が大きく運動好きな少女としてすくすくと育った。愛知郡日進町(現日進市)の自宅周辺はのどかな田園地帯で、野山を駆けずり回るような子供だった。

 ゴルフとの出合いは小学4年生の夏休み。導いてくれたのは母方の祖父である平澤好昭さんだ。ただし、祖父にも母にも教わることは一度もなく、最初からプロに基本を教わった。1年間はひたすら練習場通い。ルールやマナーも含めて、上達しないとコースには出られない。周囲がおじさんばかりという環境はイヤだったが、母のクラブを短く切ったハーフセットで練習をした。「最初は思いきり打っても80ヤードの山を越すことができませんでした」というスタートだった。
 陸上でもバスケットボールでも、大会があれば駆り出されたほどのスポーツ少女。思いきり体を動かすのが好きだったため、ゴルフは運動としては物足りない。ある日、母に「ゴルフはイヤ」と訴えたこともあった。するとこんな答えが返ってきた。「10年はやってみないと好きか嫌いか分からないから、とにかく続けなさい」。この母の言葉は、娘の胸の奥に長く残ることになる。だから「(10年たって)20歳になったころには、私はゴルフをやめるんだ」という気持ちを、ずっと心の奥底に持ち続けた。

 祖父も母もメンバーだった自宅近くの愛知CCに通い、月に1~2度は所属プロに練習場で見てもらった。そうして1年が過ぎ、5年生でコースデビュー。母と祖父との初ラウンドは、レディースティから回って109。乾いた砂が水を吸い込むように上達する少女が平均スコア90程度の祖父を追い越すのには、そう時間はかからなかった。

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ