あの頃ワタシは若かった 昭和の履歴書 女子プロ編 vol.11 -服部道子-




20歳になったらキッパリとゴルフをやめるつもりだった

元祖天才少女・服部道子は20歳でゴルフをやめるつもりだった! 日本女子アマ、全米女子アマの2大タイトルを史上最年少(当時)で獲得し、日本の賞金女王にまでなった服部が明かす衝撃の事実と、ゴルフへのあふれる思いとは……。
16歳で全米女子アマの優勝カップを胸に抱いた
16歳で全米女子アマの優勝カップを胸に抱いた 【拡大】
服部道子(はっとり・みちこ)
0歳 1968年9月8日、愛知県名古屋市に生まれる
10歳 祖父の誘いでゴルフを始める
11歳 初ラウンドのスコアは109
12歳 初めてジュニア大会に出場。さらに上達を誓う
15歳 日本女子アマに史上最年少優勝(当時)
16歳 全米女子アマに史上最年少優勝(当時)
18歳 全米女子アマ優勝のおかげで米国テキサス大学へ留学
22歳 大学卒業後、プロテストにトップ合格
………………………………………………………………………
24歳 ミズノオープンレディスでツアー初優勝
ツアー通算18勝、1998年賞金女王

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ