知らぬは恥! 絶対覚えておきたいルール教室 カラーからカップインを狙ってパターを持ったが、旗竿を抜いてプレーすることはできるのか?

解答(1)抜くこともできるし、旗竿につき添ってもらうこともできる

 現在の規則では、グリーン上でプレーされた球がホールの中に立っている旗竿に当たった場合罰がつきます。

 しかし、グリーン外からプレーされた球がホールの中に立っている旗竿に当たっても罰はありません。ですから、不当な遅延がなければコース上のどこであれ、ストロークする前に、プレーヤーは人を旗竿につき添わせたり、最初から旗竿を抜いてプレーすることもできるのです。

 しかし、気をつけなければならないのは、パッティンググリーンの外からプレーされた球でも自ら取り除いてあった旗竿に当ててしまったら、規則17-3の違反となり2打の罰がついてしまいますので、十分に注意してください。

※解説部分は原則的に「ゴルフ規則」の表記に準じています
解説・日本プロゴルフ協会(PGA)専門競技委員 飯田雅樹、イラスト・西山幸男
※週刊パーゴルフ(2018年2月20日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ