あの頃ワタシは若かった 昭和の履歴書 女子プロ編 vol.5 -松澤知加子-




初ゴルフで中村寅吉から「プロになれ!」といわれた

父に連れられて初めて練習場に行くと、いきなり小柄なおじいさんに「ボールを打ってみろ」といわれた松澤知加子。それがゴルフとの、そしてゴルフ界の大御所・中村寅吉との出会いだった。
一度は破門されたが、プロ入り後は中村一門の一人として集まりにも呼ばれるようになった。右が中村寅吉、左が松澤
一度は破門されたが、プロ入り後は中村一門の一人として集まりにも呼ばれるようになった。右が中村寅吉、左が松澤
松澤知加子(まつざわ・ちかこ)
0歳 1968年1月26日、神奈川県平塚市に生まれる
中学生 バスケットボールに熱中
14歳 初めてボールを打つ姿を見た中村寅吉からプロに誘われる
高校生 高校のゴルフ部で腕を磨く。競技会にも出るようになる
18歳 中村のいるゴルフ場に研修生として就職
19歳 行き違いから中村から破門を言い渡される
21歳 プロテスト合格
………………………………………………………………………………
26歳 五洋建設レディースでツアー初優勝
ツアー通算1勝

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ