コンパクトなのにゴルフバッグが横に入る!スズキからゴルファーに優しい小型車

車両価格は176万5,800 円(消費税込)
車両価格は176万5,800 円(消費税込) 【拡大】
昨年の12月25日に発表されたスズキの〈クロスビー〉。小型普通車ながら、なんと9・5型のゴルフバッグが真横に二つ載る、そのラゲッジスペースが魅力だ。

「スズキは小さなクルマを大きく使うアイデアに長たけています。〈クロスビー〉はコンパクトですが、ゴルフユーティリティー性はかなり高いですね。ラゲッジは5人乗りの状態であっても9・5インチのゴルフバックを横にして納められ、2WDモデルには床下にシューズケースなどが納められる深いアンダーボックスを装備。またリヤシートは室内とラゲッジの両側から簡単にスライド/リクライニング操作が可能な点も実用性の高さを感じられるポイント」とは、モータージャーナリストの飯田裕子氏のコメント。

このサイズの車では、バッグが横に積めるのは本当に珍しい。スズキの広報担当、小林大祐氏はこの車に込めた同社の思いをこう語る。

「“みんなで、もっと遠くまで、遊びに行きたい”という思いで開発しました。その中で目指したのは広い室内空間を持つワゴンのパッケージと、雪道などラフロードに対する走破性および、アクティブシーンにも適応する機能的な荷室やユーティリティーを両立させること。開発に当たっては、ゴルフを楽しまれる方のために後席を倒さずにゴルフバッグが横積みできることも考慮しながら、幅広いシーンに対応できるラゲッジスペースとしました」

ゴルフバッグが横に積めるのは〈クロスビー〉の内装担当者がゴルフ好きで、その“こだわり”の結晶でもあるという。ゴルフはもちろん、さまざまなアウトドアスポーツに活躍してくれそうだ。

走行性能や取り回しの評価も高く、長時間の運転も苦にならなそう。ゴルファーがゴルファーのために設計した荷室を持つ〈クロスビー〉、ゴルフ好きなら、要チェックの車だ。

(本誌・小路友博)


文・編集部 ※2018年2月13日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2018年2月13日号(2018年1月30日発売)の芝目八目では、そのほかに以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●石川遼の復活はホンモノ!?バーディ数が示す復調具合
●袂を分かったはずなのに……アディダスゴルフの商品がまだテーラーメイド直営店で売られている理由
●かつてのビッグ3、エルスがゼクシオの顔に。日本製クラブの代表格が海外進出を加速!?
●深堀圭一郎も驚いた!ガルシアがクラブとボール総取っ換えでいきなり圧勝
●保険金詐取事件で再び注目されたホールインワン特約はいつ、なぜできた?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ