金谷拓実 18年はマスターズ行きもツアー優勝も目標

男女ナショナルチームのメン バーと記念写真に収まる金谷(後列右から4人目)
男女ナショナルチームのメン バーと記念写真に収まる金谷(後列右から4人目) 【拡大】
12月20日、日本ゴルフ協会が主催するナショナルチームメンバーの慰労会が開催され、17年日本オープン単独2位でローアマを獲得した金谷拓実さん(東北福祉大1年)も出席。

金谷さんはアマチュアでの優勝という快挙にあと一歩となった日本オープンを振り返り、「16番、17番のミスパットは今でもよく覚えている。もし同じ場面があったらリベンジしたい」と、2カ月が経過した現在でも悔しい胸の内を明かした。

18年の目標については「アジアアマも世界アマもありますし、たくさんあるので、1試合1試合自分と向き合っていきたい」とあくまで謙虚。しかし、東北福祉大の先輩、松山英樹というお手本がいるだけに、アジアパシフィックアマチュア選手権優勝からマスターズ出場というシナリオは決して夢物語ではない、ということを強く意識できる環境にある。

日本のアマチュアとして二人目の快挙を期待せずにはいられない。
文・編集部 ※2018年1月30日号「トーナメントフラッシュ」より

週刊パーゴルフ2018年1月30日号(2018年1月9日発売)のトーナメントフラッシュでは、そのほかに以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●丸山茂樹 ジュニア育成に本腰を入れていきます!
●大堀裕次郎 縁起のいいマーカーのニューバージョンです!
●畑岡奈紗 オフの楽しみは友人たちと行くディズニーランド!
●古閑美保、笠りつ子、有村智恵 「忘れてほしくない」人気女子プロが地元のために集結

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ