大手外資メーカーの動きは17年に続き活発 18年も話題作がめじろ押しの予感!?

2017年を振り返ると、大手外資メーカーのニュードライバーが人気を博した。春先はテーラーメイドの〈M〉シリーズやキャロウェイの〈GBB EPIC〉シリーズ、9月に入ってからはピン〈G400〉シリーズが、売り上げランキングの上位に名を連ねた。

17年12月に入ってからは、ダンロップの〈ゼクシオ テン〉シリーズに注目が集まるが、一方で前出3大メーカーの18年モデルと思われる新たな動きがあった。

まずはテーラーメイド。海外のゴルフ専門リークサイトなどによると、〈M4〉と刻印されたドライバー画像が流出。16年と17年モデルは〈M1〉〈M2〉だっただけに、〈M4〉は〈M2〉の後継と予想される。また、画像の確認はできていないが、〈M1〉の後継という〈M3〉の存在もまことしやかにささやかれている。

続いてはキャロウェイ。すでに同社ホームページに掲載されているティザー広告の宣伝文句が過激だ。それは“EPICを超えなければ、出す意味なんてない。”と書かれてあり、その背景には、17年モデルの〈EPIC〉ドライバーに搭載された2本のバーに似たものの画像が映し出されている。進化していることは予想できるが、同社からの詳細の発表は18年1月9日だ。

最後はピン。17年の暮れに18年の新製品発表会の案内が編集部に届いた。それによると18年春のニューモデルだという。こちらはまったく情報が入っていないが〈G400〉シリーズを発売したばかりなのに、どんなクラブが用意されているのか。

いずれにしても、18年早々の大手外資メーカーの動きに注目だ。

(本誌・保科信二郎)

文・編集部 ※2018年1月9日・1月16日合併号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2018年1月9日・1月16日合併号(2017年12月26日発売)の芝目八目では、そのほかに以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●数年以内に米ツアーの試合が日本でも !? JGTOと米PGAツアーが提携発表
●最近のトレンドは体験型!? 数百万のモノもある仰天ゴルフ福袋
●〈ゼクシオ テン〉がロケットスタート!17年の話題作と売り上げ初速を比べてみた
●活性化、競技力向上に向け、 男女両ツアーともより厳しい出場資格に
●2018年男女ツアーは男子1減、女子は現状維持 女子は“主催”問題で揺れている!?
●年末年始のウキウキ気分に水を差す 冬のカート事故にご用心!

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ