勝みなみ 小学5年生からの最強タッグが継続!

勝(右)とダンロップスポーツ株式会社の木滑和生社長
勝(右)とダンロップスポーツ株式会社の木滑和生社長 【拡大】
ダンロップスポーツが、勝みなみとのゴルフ用品使用契約を締結。記者発表会が行われた。

小学5年生のときにボールを提供されて以来、道具以外でも親身にサポートしてもらっていたという勝。発表会では、「世界一愛されるプロを目指して、たくさん練習、勉強していきたい」と、意気込みを語った。

高校1年時にKKT杯バンテリンレディスで優勝するなどアマ時代の輝かしい実績と、プロ合格後すぐに、ステップ・アップ・ツアーで1勝を挙げた実力と話題性が勝の魅力。そんな勝が、「他のクラブを考えたことはない」と語るほど、二人三脚で歩んできた絆は深い。

勝のツアー2戦目は、ホステスプロとして迎えるミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン。「1打1打に集中して、その1打に懸けたい」と、大会での活躍を誓った。

文・編集部 ※2017年10月3日号「トーナメントフラッシュ」より
週刊パーゴルフ2017年10月3日号(9月19日発売)のトーナメントフラッシュでは、そのほかに以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●成田美寿々、菊地絵理香、菊地明砂美、辻梨恵 マダムの聖地ニコタマにオシャレ練習施設が
●谷口徹、藤田寛之、今平周吾 「追いついてない……」弱気な先輩にエール!?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ