それいけ! オヤジゴルファー【第26回】

女子プロがアマチュアプレーヤーと最も多く出会う場所といえば、各大会のプロアマだ。そこにはひとクセもふたクセもあるオヤジがゴロゴロいるのだという。そんな名物ゴルファーを2回にわたって紹介しよう。

取材/文・一寸木芳枝 イラスト・オゼキイサム

大盤振る舞いオジさんにズルオジさん…… プロアマ名物オヤジ列伝①

今回話を聞かせてくれたのは、キュートなルックスでオヤジだけでなく女性からも人気を集める中堅女子プロ。人気者だけに、プロアマでも引っ張りだこの彼女いわく、

「プロアマにはクセのあるオジさん、いっぱいいますよ~(笑)」

ということなのだが、いったいどんな人が?

「あるアパレルメーカーの社長さんとラウンドでご一緒したときの話なんですが、何の下心もなく、ただ普通にご本人が持っていたバッグを『かわいいですね』っていったんです。そしたら、自社ブランドのものだったようで、突然バッグからカタログを出して、『どれがいい?』と。そういう目的じゃないので、『いえいえそんな、大丈夫ですよ~』とお断りしたら、『いいじゃん。気にしないでよ』といわれ、『これとこれとこれ。あ、これもいいよ』とどんどん選びだし、帰るときに現物を5個ほど渡されたんです!」

なんだ、その大盤振る舞いは!

「そうなんですよ、もうビックリです。でも他のプロに聞いたら有名だそうで、毎年一緒にラウンドする女子プロにこうしてプレゼントしてくださっているんだそうで……」

す、すごいなぁ。

「でも、もらいっ放しというわけにはいかないので、お礼を何にしようか悩みましたね。結局、後日ボールをお送りしました」

なるほどね。他にも女子プロの間で有名なオヤジっているの?

「いますね。もう知らない人がいないくらいの大企業の社長さんなんですが、プレー中、めちゃめちゃズルします(苦笑)。ちなみにその会社は……(ヒソヒソ)」

 ひぇーっ! そんな大企業の社長がズルを⁉

「するんですよ~。マーカーのはるか前にボールを置き直すのは序の口。あとはいいライにどんどんボールを出しちゃったり。プロアマってスクランブルだから、そこまで真剣ってわけではないはずなのに……とはいえ、その方は優勝の常連ですから笑えますよね(笑)」

もうびっくりだな……。まだまだ名物アマチュアにまつわる話はあるそうで、次回はゴシップおじさんとネズミ講オバさんについて紹介しよう。



※週刊パーゴルフ4月18日号より

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ