あの頃ボクは若かった 昭和の履歴書 vol.21 -中村通-




木の根を自ら削って初めてのクラブを手にした

1本の木から作ったクラブで、稲刈り跡のティからナイスショット! 人気漫画「プロゴルファー猿」の一コマではない。このストーリー、昭和のゴルフシーンを彩ったスター選手・中村通の実話なのだ。
プロテスト合格前後か。シンプルなウエアが時代を感じさせる
プロテスト合格前後か。シンプルなウエアが時代を感じさせる 【拡大】
中村通(なかむら・とおる)
0歳 1950年10月31日、大阪府に生まれる
8歳 自ら木の根を削ってクラブをつくる
小学生時代 田んぼをコースに見立てて遊ぶ
12~13歳 初めてのクラブ(7番アイアン)を買う。キャディのアルバイト。コースに内緒でラウンドも
15歳 新設のゴルフ場に研修生として就職
17歳 初のプロテストで史上最年少合格
………………………………………………………………………
22歳 沖縄TVカップでプロ初優勝
ツアー通算20勝(他に8勝)、シニアツアー3勝

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ