違反ボールより飛ぶ⁉ ダンロップから飛距離特化型ボールがお披露目

ドライバーの飛びに特化した〈スリクソン -X-〉ボール
ドライバーの飛びに特化した〈スリクソン -X-〉ボール
ダンロップスポーツの2017年秋冬、18年春夏のゴルフ用品展示会が行われ、新作ボールなどがお披露目された。

この〈スリクソン -X-〉ボールは、昨年、2000箱(6球入り)限定でテスト発売されたもので、わずか1カ月で完売となった商品。とにかくドライバーの飛距離を重視して作られたモデルで、テスト販売時に購入したユーザーからも飛びを実感する声が多数寄せられたという。

「購入者のうち約1000人からアンケートの回答をいただき、その約8割の方々から“飛んだ”“また使いたい”という声をいただきました。アンケート結果を参考にしながら、テスト販売モデルに改良を重ね、今回発売するに至りました」(ダンロップスポーツ広報担当)

 〈スリクソン -X-〉ボールは飛距離以外の性能をある意味度外視した製品。スピンの効きなどは犠牲となるが、その分、大きな飛びを発揮する設計が施されている。4ピース構造の2層コアは、配合は変えているものの同社のツアーモデル〈スリクソン Z-STAR〉の構造と同じで、ディンプルも同シリーズや〈ゼクシオ〉シリーズに使用されている一番いいディンプルを搭載しているという。また、アンケートに打感が硬いという意見があったことから、テスト品よりも5ポイントほどコンプレッションも軟らかくなっている。

 昨今のボールカテゴリはツアー系やディスタンス系以外にも第3のボールといわれるウレタンディスタンスや非公認球などさまざま。特に非公認球は飛距離特化型が中心となるが、この〈スリクソン -X-〉はまさにその違反ボールに対抗するモデルとなる。同社のマシンテストでは公認球ながら非公認球と同等以上の結果を出したという。

 また、8月4日の発売に向けて、同社のウエブサイトとフェイスブックで、「飛ばしの格言」を募集中。最優秀作品は同ボールの広告に採用されるなど、ゴルファー参加型のキャンペーンも行っている。

 その他の新作としては、〈NEW スリクソン Z〉シリーズの限定アイアンとして、赤と青それぞれのカラーで統一された〈スリクソン Z565 アイアン リミテッドレッド(ブルー)エディション〉と、5、6番が〈Z565〉、7番からピッチングウェッジまでが〈Z765〉という組み合わせの、〈スリクソン Z COMBO アイアン リミテッドレッド(ブルー)エディション〉の計4機種が、9月23日に合計2000セット限定で発売される。また、クリーブランドブランドからはボールの半径と同じ21.35ミリの立体的なアライメントラインが施されたパター〈TFi 2135 サテン〉が9月9日に発売予定だ。

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ