三ヶ島かな、生まれて初めて「感動をありがとう」といわれました!

感動を与えるプレーを何度もしたい!
感動を与えるプレーを何度もしたい! 【拡大】
 アース・モンダミンカップで鈴木愛との激闘を演じ、惜しくも敗れた三ヶ島かな。敗戦から2週間がたっても、いまだにあのときの激闘について声を掛けられるという。

 「すごく感動したよ、っていわれてうれしかったです。生まれて初めて『感動をありがとう』といわれました」

 無我夢中での優勝争いでファンに強烈な印象を与えた三ヶ島。最終ホールでカラーから11メートルのバーディパットを決めて一時は鈴木に追いついたものの、鈴木にバーディを入れ返され惜しくも初優勝は逃した。

 「悔しさもあったけど、感動を与えられる選手になれたんだ、と思えました。でも1回だけでなく、がっつり感動を与えられる選手になりたいです!」

 初シードはほぼ確定。次は優勝シーンで感動を与えてくださいね。

 文・編集部 ※2017年7月25日・8月1日合併号「トーナメントフラッシュ」より
週刊パーゴルフ2017年7月25日・8月1日合併号(7月11日発売)のトーナメントフラッシュでは、そのほかに以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●笠りつ子、ジョッキー? 職人?充実のオープンウイーク
●酒井美紀、30年前のパターで3季ぶりの優勝を!
●池田勇太、2カ月ぶりの日本ツアー…からの、すぐに海外へ
●片岡大育、あの噂のプロトタイプは新〈JGR〉だった
●倉本昌弘&渡邉彩香&長谷川祥平、東京のド真ん中に新インドアゴルフレンジ

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ