酒井美紀、30 年前のパターで3季ぶりの優勝を!

30年前のパターで優勝狙います! 
30年前のパターで優勝狙います!  【拡大】
 ニッポンハムレディスクラシックの練習グリーンで、ずいぶんと古い(失礼!)パターを使っている酒井美紀を発見。

 「ゴルフを始めたときくらいからオデッセイの2ボールを使っています」という酒井。これまで何度も取材する中で、こちらもそのイメージが強かったため話を聞いた。

お父さんのパター、使わせていただきます!
お父さんのパター、使わせていただきます! 【拡大】
 「実はこれ、お父さんのなんです。オープンウイークにラウンドしていたら、この時季は特にパターの転がりが悪くて。試しに一緒に回っていたお父さんのを使ったら転がりがよくなったので、使ってみようと思いました」

 よーく見ると塗装は剝げかけ、いかにも年代物。それでもプロにとってパット・イズ・マネー。入ればいいということだ。

 「夏はグリーンも重くなるので、転がり重視でパターを替えることも大事ですよ」
 
 文・編集部 ※2017年7月25日・8月1日合併号「トーナメントフラッシュ」より
週刊パーゴルフ2017年7月25日・8月1日合併号(7月11日発売)のトーナメントフラッシュでは、そのほかに以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●笠りつ子、ジョッキー? 職人?充実のオープンウイーク
●三ヶ島かな、生まれて初めて「感動をありがとう」といわれました!
●池田勇太、2カ月ぶりの日本ツアー…からの、すぐに海外へ
●片岡大育、あの噂のプロトタイプは新〈JGR〉だった
●倉本昌弘&渡邉彩香&長谷川祥平、東京のド真ん中に新インドアゴルフレンジ

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ