あの頃ボクは若かった 昭和の履歴書 vol.17 -伊澤利光-




プロを目指すと決めた途端、父指導の猛特訓が始まった

練習場で仲よく並んで打つ、ごく普通の父と息子。ところが、ある日を境に、父が突然“星一徹”のように変わってしまった。「プロになろうかな」といったその日から……。
初ラウンドした小学3年生のころ。まだ遊びでゴルフをしていた時期だ
初ラウンドした小学3年生のころ。まだ遊びでゴルフをしていた時期だ 【拡大】
伊澤利光(いざわ・としみつ)
0歳 1968年3月2日、神奈川県鎌倉市に生まれる
8歳 初めて練習場でクラブを握る
9歳 初ラウンド。スコアは140くらいだった
12歳 中学に入り、プロを目指すことを決意
14歳 関東ジュニアで2位など頭角を現し始める
17歳 日体荏原高時代、全国高校ゴルフ選手権で団体優勝
18歳 日体大に進学。朝日杯全日本学生で優勝
19歳 日本オープンでローアマを獲得
21歳 大学を中退。プロテスト合格後、渡米して武者修行に入る
………………………………………………………………………………
27歳 日本オープンでツアー初優勝、2002年ワールドカップ優勝
レギュラーツアー通算16勝、2001、03年賞金王

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ