あの頃ボクは若かった 昭和の履歴書 vol.10 -加瀬秀樹-




週刊パーゴルフ最新号(5月9日・16日合併号)の昭和の履歴書では、
「樋口久子」を掲載。ぜひともご一読を!
その他の週刊パーゴルフ5月9日・16日合併号のラインアップはコチラ!



純粋なる思い込みがプロの扉を開いた

高校生になって独学でゴルフに本格的に取り組み、20歳になるまで成績を残せずにいた加瀬秀樹。それでも、俺はスポーツ選手になるんだという強い信念が原動力となり、22歳でプロゴルファーとなった。
本格的に練習を始めてから15年。1990年の日本プロでツアー初優勝を飾った
本格的に練習を始めてから15年。1990年の日本プロでツアー初優勝を飾った 【拡大】
加瀬秀樹(かせ・ひでき)
0歳 1959年12月1日、千葉県市川市に生まれる
13歳 中学2年、遊びで初めてクラブを握る
14歳 中学3年でコースデビュー
15歳 高校入学。本格的にゴルフの練習を開始
16歳 全国高校ゴルフ選手権で初めて競技会に出る
20歳 大学を中退して、長太郎CC(千葉県)の研修生となる
22歳 プロテスト合格
…………………………………………………………………………
30歳 日本プロゴルフ選手権でツアー初優勝を飾る
50歳 日本プロゴルフシニア選手権でシニアツアー初優勝
   レギュラーツアー通算4勝、シニアツアー通算3勝

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ