諸見里しのぶ、頼れる相棒と別れのとき !?

この子に「お疲れさま」といえるように頑張ります
この子に「お疲れさま」といえるように頑張ります 【拡大】
 諸見里しのぶのバッグの中には、テーラーメイド〈グローレ〉の13番ウッドが。だが、市販モデルに13番はない。

 「あばら骨を痛めたときに、楽に球を上げられるように、と作っていただいたんです。9番ウッドのフェースを開いて、短いシャフトを装着しています。開いたフェースがスクエアに見えるように、クラウンのトウを黒のマジックで、ヒールを白のマジックで塗りつぶす工夫をしています。キャリーで155ヤード。ラフでもリキまずに振れる強い味方です」
フェースの打球痕が、この13番ウッドをいかに信頼して使ってきたかを物語る
フェースの打球痕が、この13番ウッドをいかに信頼して使ってきたかを物語る 【拡大】
 だが、いつまでもこの13番ウッドに頼るわけにはいかないという。

 「あばら骨を疲労骨折して使い始めた、この13番を使わなくてもいいようになってこそ、完全復帰なんだと
考えています」

 文・編集部 ※2017年5月2日号「トーナメントフラッシュ」より
週刊パーゴルフ2017年5月2日号(4月18日発売)のトーナメントフラッシュでは、そのほかに以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●青山加織、熊本にはまだまだ支援が必要です!
●近藤共弘、〝共に歩む〞がスローガンの2017年はこの人の年!?
●宮里優作・宋永漢・星野陸也、選手会長、イケメン、ホープのそろい踏み!
●中井学&すし石垣、師弟関係がまさかの逆転!?
●一ノ瀬優希、試合ができる幸せに感謝して植樹を

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ