今田竜二、米ツアー復帰へ「少ないチャンスを生かしたい」

将来的には日本ツアーでのプレーも視野に入れる今田竜二 写真・鈴木祥
将来的には日本ツアーでのプレーも視野に入れる今田竜二 写真・鈴木祥 【拡大】
 先週のHEIWA・PGM CHAMPIONSHIPに出場した米ツアー通算1勝の今田竜二。2014-15シーズンの米ツアーに4試合、下部のウェブドットコムツアーに2試合出場したが、いずれも予選落ちに終わった。12年にシード権を手放した米ツアー復帰は今年もならなかった。

 来季のウェブドットコムツアーの出場権を懸けたQTは2次から受験の必要があったが、今年はエントリーしなかった。“過去の優勝者”というカテゴリーで米ツアーの出場権もあるが、優先順位は低く、多くの出場は望めない。「少ないチャンスを生かしたい」と米ツアー復帰に望みをつなぐ。

 日本ツアーに関しては、

「来年、チャンスがあればQTを受けることは考えます。主催者推薦で出られるようなら、ありがたく出場したいです」

※週刊パーゴルフ11月24日号 今のニュースが見える「芝目八目」より
週刊パーゴルフ11月24日号(11月10日発売)の芝目八目では、そのほかに以下のようなラインアップで最新ニュースを取り上げています。
●諸見里しのぶは来季休養宣言。“シード崖っぷち”の選手たち
●発売1年未満のモデルもある最新値下げ情報
●まさかの失格から4日後の田村尚之の弁
●ぶっ飛びアイアンが爆売れの状況!
●ゴルフ中継も地上波で生放送の時代へ
●丸山茂樹が恵比寿でクリスマスイベントを開催


関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ