【豆知識&Birthday】今日は何の日? (10月4日)

【1764年10月4日の出来事】

ゴルフ場のスタンダードが18ホールに!
お手本はセントアンドリュース

 世界のゴルフコースが15ホールでも20ホールでもなく、ちょっと半端な18ホールになったのは1764年のこの日が起源。

 22人の会員で発足したソサエティ・オブ・セントアンドリュース・ゴルファーズ(現在のR&Aの前身)は、発足10年を期してコースの改造に乗り出した。

 ゴルフは当時、いくつかのホールを往復してプレーしていた。つまり1番ティは最終ホールのそばで、2番ティは1番ホールのわき(20年前の1744年にできた最初のルール、13カ条の第1条に“ホールから1クラブ以内にティの位置を定めるべし“とある)で、当初セントアンドリュースは22ホール(12ホールを往復)だった。

 しかし、1番から4番までの往復が不都合で、この間を2ホールに変更。その結果10ホールの往復になり、計18ホール。現在のオールドコースで、18ホール中14ホールのグリーンがアウト・インで共用なのはその名残で、さらにゴーイング・アウト、カミング・イン (クラブハウスから見て)の語源もここにある。

 その後ゴルフは世界に広まっていったが、聖地・セントアンドリュースが そのモデルとなり、18ホールが定着したのである。

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ