「長いインパクトゾーン」を! 伸び悩んでいるゴルファーにゴルフスイングの本質を解説

9割のゴルファーが知らない90台が出るスイング/学研プラス

 これまで、週刊パーゴルフをはじめ、多くのゴルフ雑誌に登場し、著書も多い人気レッスンプロの森守洋の最新刊が登場。

 スイングの本質を理解せずに、雑誌で紹介されているポイントなどを間違って実践するからうまくならないのだ、と指摘する森。

 ゴルフスイングの本質は「長いインパクトゾーン」をつくること。打つ前の素振りで見たヘッドの軌道の「残像」をボールに重ねる気持ちでスイングすれば、ミスの少ないショットの確率が高まり、スコアが安定していくと説く。本著を3人にプレゼント。

●価格/1100円+税
●電話/03-6431-1538
●https://hon.gakken.jp/book/2380088400

※週刊パーゴルフ(2018年4月3日号)掲載

同商品を3人にプレゼント。ご希望の方はハガキに〒、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル12階 グローバル ゴルフ メディア グループ(株)パーゴルフ編集部「森守洋の90台が出るスイングの本 プレゼント」係まで。2018年4月3日消印有効。なお、当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
※応募された方の個人情報は、弊社の個人情報保護ポリシーに基づき厳重に取り扱います。

雑誌・出版最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ