おすすめ書籍

  • 週刊パーゴルフ最新号

    池田勇太と正岡竜二がとことん語り尽くした! 
    ドライバーでOBがなければ大叩きはかなり減ります。しかしその後のショットが乗らず、寄らず、入らずではいいスコアにはなりません。逆にきっちりパーオンできれば、あわよくばバーディだってあります。アイアンの名手、池田勇太と正岡竜二にパーオン率を上げるためのコツを聞いてみました!

  • 中古ゴルフクラブ ベストランキング2020

    クラブを安く買いたい人、高く売りたい人必読!
    毎年熱い支持を受けている「中古ゴルフクラブ ベストランキング」の2020年版が発売開始。中古ゴルフクラブ界のカリスマ・中山功一氏を選定人に迎え、ドライバー、アイアン、フェアウェイウッド、ユーティリティ、ウェッジ、パターの全500機種を鋭く評価しました。

  • あッ、芯喰った!

    ボールを真芯に当てたいというゴルファーは必読です!
    スコアメイクのためには、飛ばしよりもむしろ、芯に当ててフェアウエイをキープすることが重要。そして芯でボールをとらえることで、結果的には強いインパクトが実現でき、飛距離もアップも可能となる。芯でボールをとらえるためのさまざまな具体的なポイントを、分かりやすく1冊にまとめたレッスンBOOK!

最新記事

  • 池田勇太と正岡竜二がとことん語り尽くした!(9月15日発売! 週刊パーゴルフ最新号)

    ドライバーでOBがなければ大叩きはかなり減ります。しかしその後のショットが乗らず、寄らず、入らずではいいスコアにはなりません。逆にきっちりパーオンできれば、あわよくばバーディだってあります。アイアンの名手、池田勇太と正岡竜二にパーオン率を上げるためのコツを聞いてみました!

    続きを読む

  • 南秀樹が教えるパットの勘どころ!(9月8日発売! 週刊パーゴルフ9月22日号告知ページ)

    パーゴルフ最新号のレッスンは、パットの名手、鈴木愛を育てたことで知られる南秀樹が登場!スイングのみならず、パッティング理論にも精通している南。「パットに形なし」といわれますが、パット巧者には共通点があります。それがボールの押し感。南メソッドの基本でもある、ボールを押すストロークを教えてもらいました。これであなたも鈴木愛のような転がりのいい球が打てる!

    続きを読む

  • 片岡大育のアイアンレッスン!(9月1日発売! 週刊パーゴルフ9月15日号告知ページ)

    パーゴルフ最新号のレッスンは間もなく開幕する男子ツアーの実力者、片岡大育が登場!高知県出身で高校時代はうどん県こと、香川県で過ごした片岡大育。香川といえばコシのあるさぬきうどん。片岡も大好物ですが、スイングも腰の動きがとても大切だといいます。腰がスムーズに回れば、分厚いインパクトでつかまったボールが打てますよ!

  • 山口すず夏 米ツアーで学んだ逆輸入レッスン!(8月25日発売! 週刊パーゴルフ9月8日号告知ページ)

    米女子ツアーに参戦して今年で2年目の山口すず夏。ハイレベルな環境に身を置くことでさまざまな課題が見えてきたといいます。その中でも大事に感じているのがフェースの管理。飛ばすことや乗せること、さらには寄せることにもフェースの向きが重要になります。われわれアマチュアにも大いに役立つ、そのテクニックを教えてもらいましょう!

  • 日本No.1女子プロ畑岡奈紗のスイングの心得(8月18日発売! 週刊パーゴルフ9月1日号告知ページ)

    パーゴルフ最新号の巻頭レッスンには、名実ともに日本女子ゴルフ界のNo.1プレーヤーである畑岡奈紗が登場!昨年ツアーを引退した諸見里しのぶがインタビュー形式でその強さの秘密に迫ります。延期になったオリンピックに懸ける想いやツアー休止中はどう過ごしていたのか、また、時間ができたことで明確になった“ブレないスイング”を作るうえでの課題についてパーゴルフだけに明かしてくれました。

  • 菅原大地が薦める最大効率メソッド(8月4日発売! 週刊パーゴルフ8月18・25日号告知ページ)

    米PGAツアーの選手の多くは、ダウンスインからインパクトにかけて、力強く地面を蹴り、スイングに回転とパワーを加えています。しかし、「この動きをアマチュアゴルファーがマネするのは危険です」と、菅原はいいます。カリスマユーチューバー・レッスンプロ、菅原大地が薦める「左右逆蹴りスイング」必見です!

  • 渡邉彩香復活Vレッスン(7月28日発売! 週刊パーゴルフ8月11日号告知ページ)

    パーゴルフ最新号は鈴木愛とのプレーオフを制し、アース・モンダミンカップで5年ぶりの復活優勝を飾った渡邉彩香が登場!渡邉が長い間、優勝から遠ざかっていた裏には、大幅なスイング改造がありました。「右に大きく曲げるスライスのようなフェードから、曲がり幅を抑えた精度の高いフェードに球筋を変えました」と渡邉。どのようにスイングを変えたのか、本人に解説してもらいました。

  • 飛距離アップ応援 盛夏の合併号(7月14日発売! 週刊パーゴルフ7月28日・8月4日号告知ページ)

    巻頭特集では今季の活躍が予想されるプラチナ世代の吉田優利が飛ばしのレッスンを展開します。高校生時代は今ほど飛距離を稼げませんでしたが、辻村明志の指導の下、下半身リードのスイングを徹底した結果、ドライバーの飛距離が10ヤードアップしたといいます。アベレージゴルファーでも可能なドリルを聞いてみました!

  • ループに振って生涯最高の飛距離(7月7日発売! 週刊パーゴルフ7月21日号告知ページ)

    飛距離不足に悩むアマチュアの人は、アウトサイドインのカット軌道になると藤田は指摘します。ダウンスイングでインサイドからクラブを下ろしてボールをつかまえれば、スライスが直り、確実に飛距離アップできるといいます。カット軌道の人がインサイドからアタックするためには、ループスイングがいいんです!

  • 芹澤信雄 還暦のゴルフ(6月23日発売! 週刊パーゴルフ7月7・14日号告知ページ)

    最新号、巻頭特集は芹澤信雄。飛距離に勝る若手と回っても、見劣りしないスコアメイク術があるのです。若いころから武器は飛距離よりも正確性。スコアメイクには飛距離より大切なものがあるといいます。飛距離が落ちてきても、スコアアップするポイントは150ヤード以内の技術を磨くことだと芹澤はいいます。芹澤メソッドをたっぷりと!

みんなでジャーナリスト

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ