取材の現場から

比嘉真美子が単独首位発進 稲見萌寧ら2位、岩井ツインズも好スタート

<宮里藍 サントリーレディスオープン 初日◇10日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6517ヤード・パー72>

2021年の国内女子ツアー第15戦は、第1ラウンドが終了した。比嘉真美子が10バーディ・2ボギーの「64」をマーク。8アンダーで今季初の単独首位発進を決めた。

6アンダー・2位タイに今年5勝の稲見萌寧、西村優菜、葭葉ルミ、山下美夢有、臼井麗香。5アンダー・7位に注目アマ“岩井ツインズ”の妹・千怜(ちさと)が続いた。

千怜の姉・明愛(あきえ)も3アンダー・13位タイと好発進。前回大会覇者の鈴木愛は、2週連続優勝がかかる笠りつ子や原英莉花らと並ぶ1アンダー・39位タイで初日を滑り出した。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・“かっこいい相棒”とともにバーディ量産! 比嘉真美子が4年ぶり単独首位発進「もっと強くなりたい」
・ダボはイーグルで獲り返せばいい! 葭葉ルミが徹底した“105%スイング”の結末は…
パーゴルフ編集部インスタギャラリー