取材の現場から

笹生優花が畑岡奈紗をプレーオフで下し日本女子3人目のメジャー制覇! 大会史上最年少V

<全米女子オープン 最終日◇6日◇ザ・オリンピッククラブ・レイクコース(米カリフォルニア州)◇6457ヤード・パー71>

海外女子メジャー「全米女子オープン」は全日程が終了。畑岡奈紗と笹生優花という史上初となる日本勢同士のプレーオフとなった戦いは、笹生が悲願のメジャー初優勝を手にした。

最初9番、18番の2ホールの合計ストロークで勝敗が決まる戦いは、両ホールともにパーを奪い決着がつかず。サドンデスの戦いとなってすぐのプレーオフ3ホール目。笹生はティショットを左ラフに入れたがピン手前約2.5メートルに。このバーディパットを沈めて大きくガッツポーズ。死闘に終止符を打った。

日本勢の女子メジャー制覇は1977年に「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子、19年に「全英AIG女子オープン」を制した渋野日向子に続き史上3人目の快挙。そして、笹生は日本国籍だけでなくフィリピン国籍も有しており、フィリピン勢として初めて海外女子メジャー制覇となった。

また、笹生は現在19歳351日で08年に19歳353日で優勝したインビー・パーク(韓国)を2日上回る大会最年少記録を更新した。なお、海外メジャー史上最年少優勝は15年に当時18歳4カ月だったリディア・コ(ニュージーランド)となっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・笹生優花が涙の全米初制覇 直後に何を語った?「緊張…自分を探していました」【一問一答】

●アマゾン



●楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊パーゴルフ 2021年 6/15号 [雑誌]
価格:459円(税込、送料無料) (2021/5/25時点)


パーゴルフ編集部インスタギャラリー