取材の現場から

岡山絵里 愛しの“カマロちゃん”無事に納車しましたァ!

アクサレディスで優勝し、賞金1440万円をゲットした岡山絵里。その先行投資としてシボレー・カマロを購入(お値段720万円!)しており、富士フイルム・スタジオアリス女子オープンでお披露目してくれた。映画『トランスフォーマー』に出ていた同車にひと目ぼれ。いつかは自分でハンドルを握りたいと思っていたといい、念願叶っただけあって、終始にこやかな表情だった。

「乗り心地は最高! 排気量は6000ccで、モードによってエンジン音を大きくしたり、小さくできるんですよ」と、“カマロちゃん”と呼ぶ愛車を自慢げに説明した。カーステレオの音質も最高で、ご機嫌な気分でコース入りできるという。

今季2勝目、3勝目へと愛車に倣って加速できるか!?
色はボディがブラック、シートはアドレナリンレッドと呼ばれる黒と赤のツートンカラーで、まさに走り屋にふさわしいルックス
色はボディがブラック、シートはアドレナリンレッドと呼ばれる黒と赤のツートンカラーで、まさに走り屋にふさわしいルックス
(文・編集部)

※週刊パーゴルフ2021年5月11・18日合併号「トーナメントフラッシュ」より

週刊パーゴルフ2021年5月11・18日合併号(4月27日発売)のトーナメントフラッシュでは、以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●稲見萌寧 キレートレモンで疲れ知らず!?
●増田伸洋 48歳でコーチに転身? いやいやまだまだ現役です!
●岡山絵里 愛しの“カマロちゃん”無事に納車しましたァ!
パーゴルフ編集部インスタギャラリー