取材の現場から

“無”のゴルフ目指す松山英樹 次戦マスターズに「ミスの幅を減らしたい」

<バレロ・テキサス・オープン 最終日◇4日◇TPCサンアントニオ オークス・コース(米テキサス州)◇7494ヤード・パー72>

初日は、18ホールを「楽しかった」と振り返るほどの好スタートを切った大会だったが、2日目以降は思うようにスコアを伸ばすことができずに終戦。最終日は1イーグル・5バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの「71」とスコアを伸ばしたが、「いろいろありました」という4日間は消化不良に終わってしまった。

1番からスタートし2番でバーディ先行。4番でもバーディを奪い、いい形になったかに見えたが、その後2ボギーでスタート時のスコアに逆戻り。後半は11番パー4でセカンドがカップに吸い込まれるイーグルもありながら、終盤にダブルボギーもあってパーが2つという内容。大きく曲げるシーンなどもあって、思うようなゴルフができなかった。

「根本的なズレも多くあると思う」と、ミスが大きなものになってしまうシーンが多かった。「ミスの幅がもう少し少なくなれば、打てないところに行かなくなる」と、この日は9番で木の後ろから左打ち。そんなトラブルを減らしていく作業に入る。

初日は頭の中で考えることが何もない状態のゴルフで、気持ちよくプレー。「1日だけでもできたのは大きいですし、そうするといい結果が出るのは今年に入ってなかったこと」と、今後も目指すは“無”の境地。「そのラウンドを多くしていけるようにしたい」と、収穫と課題が見つかった週となった。

次週の「マスターズ」に向けては、「いい状態になるようにしっかりと練習して体も休めたい」とした松山。10回目の出場となるゴルフの祭典に向けて、残り3日間で仕上げに入る。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「記念碑みたいな優勝」戻ってきたジョーダン・スピース【舩越園子コラム】

●アマゾン





●楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊パーゴルフ 2021年 4/13号 [雑誌]
価格:459円(税込、送料無料) (2021/3/30時点)


パーゴルフ編集部インスタギャラリー