取材の現場から

ツアープロのこだわりを突き詰めた性能と形状の〈RS Fプロトタイプ〉ドライバーが限定発売

プロギアの契約プロである平塚哲二、藤本麻子、辻梨恵らが使用するニューモデル〈RS Fプロトタイプ〉ドライバーが数量限定で発売されている。〈RS5〉シリーズの基本設計を踏襲しながら、ツアープロが求める形状や重心といった要素にこだわったモデルで、2タイプを用意。〈☘(ワン・クローバー)〉はセンター後方に重みを感じられる洋ナシ形状、〈☘☘☘(スリー・クローバー)〉はヒールバックに重みを感じられる丸型形状となっていて、優れたスピンコントロールを実現しているという。
RS Fプロトタイプ☘☘☘(スリー・クローバー)
RS Fプロトタイプ☘☘☘(スリー・クローバー)
フェースは「快心の一撃性能」をプラスした〈RS 5〉シリーズの「強い芯」と「広い芯」を両立する「WCORE(ダブル・コア)設計」で高い飛距離性能と上級者の嫌う左のミスを軽減。ソールのフェース寄りとバックフェース寄りには各6gのウエートが配置され、別売りのウエート(2、4、8、10、12g)を付け替えることによって微細な重心セッティングができるようにもなっている。

販売は プロギア直営店と、プロギアのフィッティングイベントやタイアップ試打会を行う販売店のみで、オーダーに沿った仕様をプロギアで組み立てるカスタムオーダー専用モデル。操作性や打感といった高い感性にこだわるゴルファーには、打ってつけの一本といえそうだ。

仕様
●ロフト角・10.5度 ●ヘッド体積・445cm3 ●ヘッド重量・204g ●数量限定・各400本 ●価格・9万5000円~11万円+税

プロギアHP・https://www.prgr-golf.com/
パーゴルフ編集部インスタギャラリー