取材の現場から

畑岡奈紗は連日の1オーバー「自分らしいゴルフがなかなかできない」

<ペリカン女子選手権 2日目◇20日◇ペリカンゴルフクラブ(米国フロリダ州)◇6353ヤード・パー70>

上位進出を狙ったラウンドは不発に終わってしまった。米国女子ツアーの新規大会2日目。畑岡奈紗は連日の「71」でトータル2オーバー。38位タイで決勝ラウンドに向かう。

10番からスタートした畑岡は、16番でセカンド、アプローチをショートしボギーが先行。折り返してからの3番で3メートルを沈めてバーディを奪ったが、7番パー5の3打目を大きく左に外してボギーを喫した。

初日からフェアウェイを逃したホールは3回のみ。2日目は飛距離も出ているが、なかなかチャンスにつけられず、つけてもバーディを奪えていない。「自分らしいゴルフがなかなかできない」と歯がゆさのなかでプレーをしている。

コースコンディションも難易度高めだが、それ以前に「自分の距離が思ったより飛んでいなかったりするので、そこをうまく合わせていければなと思います」と、グリーンを狙うショット以降を課題に挙げた。

上位とは差が開いているが、残り2日間。「伸ばせるように頑張ります」と力強く語った畑岡。まずはアンダーパーグループに入るため、修正を図る。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)
パーゴルフ編集部インスタギャラリー