取材の現場から

2020年初トップ10へ 渋野日向子“大荒れ”ショットの原因は?「トップが浅く…」

<大王製紙エリエールレディスオープン 3日目◇21日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6545ヤード・パー71>

ムービングデーに粘りのゴルフを見せてトータル3アンダーの14位タイに浮上した渋野日向子。「しっかり寄せてパーを獲る、寄せられなくてもパーを獲る。今までできていなかったプレーができた」とグリーン周りでしぶとさを発揮した。

一方で「よう分からん感じ」とショットには大きな不安が残った。「抑えのショットでも、フルショットでもダフってしまう。今日はどうしていいか分からなかった」。この日、池ポチャは2回。伸ばしたいムービングデーで、大いに足を引っ張ってしまった。

「トップが浅くなっているのかな」と原因を分析している。「リズムもズレてきているのかな。確認しながらやりましたが、そう簡単にはいかないですね」とラウンド中の修正は厳しかった。

そこが上がってこなければ、2020年最初のトップ10入りは厳しい。「修正しないと大変なことになる。明日はしっかり調整してバーディを多く獲れるようにしたい」。逆に言えばグリーン周りはいいだけに、ショットの底上げができれば猛チャージもある。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・人生初のプレーでも池ポチャでもナイスパー 渋野日向子は粘りのゴルフで「楽しんでやれた」
・上田桃子が最高難度の16番でホールインワン! 500万円獲得チャンスに「バッと使いたい」
・前日にクアドラプルボギーも… 菊地絵理香がミセス初Vへ3位浮上「旦那さんに心配をかけないように」
パーゴルフ編集部インスタギャラリー