取材の現場から

イ・ミリムがプレーオフ制し涙のV 畑岡奈紗は18年以来のメジャートップ10、渋野日向子は後半崩れ51位タイ

<ANAインスピレーション 最終日◇13日◇ミッションヒルズCC(米国カリフォルニア州)◇6763ヤード・パー72>

海外女子メジャー第2戦「ANAインスピレーション」は全日程が終了。ネリー・コルダ(米国)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)との三つ巴のプレーオフを制したイ・ミリム(韓国)が優勝した。

最終ホールでチップインイーグルを奪いプレーオフに持ち込んだミリムは、1ホール目でコルダ、ヘンダーソンがバーディパットを外すなか、約2mのバーディパットを沈めて決着をつけた。ホールアウト後のインタビューでは「信じられない」と涙を見せた。

日本勢は畑岡奈紗は5バーディ・2ボギーの「69」でラウンド。スコアを3つ伸ばしてトータル9アンダー・7位タイ。メジャーでは2018年の「KPMG女子PGA選手権」以来となるトップ10に入った。

4アンダー・21位タイから出た渋野日向子は、1バーディ・5ボギー・1ダブルボギーと後半で6つ落として「78」でラウンド。トータル2オーバー・51位タイ。河本結は1バーディ・6ボギーの「77」でトータル7オーバー・69位タイでフィニッシュした。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・奇跡の3回チップインで世界トップ10二人を撃破! イ・ミリムはなぜ池に飛び込むのをためらった?
・「甘ったれていると感じた」河本結が感じた畑岡奈紗との大きな差
・207ヤードを5番アイアン 畑岡奈紗のパワーアップがメジャー7位Tに貢献
パーゴルフ編集部インスタギャラリー