取材の現場から

25歳の永峰咲希 “中堅らしく”攻守を使い分けての公式戦Vに「楽しかった」

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇13日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇6640ヤード・パー72>

トータル12アンダーで、2年5カ月ぶりとなるツアー2勝目をメジャー優勝で飾った永峰咲希は、1打差でかろうじて逃げ切った最終日を「いっぱいいっぱい」と振り返った。

トップの西村優菜と2打差の4位タイでスタートすると、1番でいきなり下りの7mを沈め号砲を鳴らした。5番でさらに1つ伸ばすと、この日3番目の難易度を誇った8番パー3で、ティショットを左2mにつけバーディを積み重ねた。

グリーン左奥にカップが切られたこのホールは、左に外すと寄せるのが困難なバンカーが待ち受ける。実際ラウンド開始後すぐに西村からトップの座を奪い、一時独走態勢も築いたペ・ヒギョン(韓国)が、ここでダブルボギーを喫し、それまでの流れを完全に止めてしまった。そんな山場を制すると、10、11番もバーディとしトップを奪い、ここで「優勝を意識しました」と気持ちに変化が現れた。だがそこから、今度は永峰の足取りも重くなった。

12番で3パットのボギーを喫して後続との差が縮まると、16番では1m強の返しのパーパットを外し、1打差にまで迫られた。田辺ひかり、イ・ナリ(韓国)といった面々から逃げるようにそこからはパーを並べた。「最後はパー5だし、(田辺の)3打目がうまくいけばバーディを獲れる。プレーオフもあるかもと思ってアテスト(スコア申告)に入りました」。クラブハウスリーダーとして、あとは追いつかれないことを祈るのみ。最終組の田辺が7mのバーディパットを外し、ようやく胸をなでおろした。

「日本にはあまりないリンクスのようなコースで楽しくプレーできました。バーディチャンスにつける場所が少ないので、ピンポイントに狙っていくのが楽しかった」と、充実したプレーでビッグタイトルをつかみとった。前回の優勝は2018年の「フジサンケイレディス」と2勝目まで約2年半の時間を費やした。「今年5試合目で、しかも大きい大会で優勝することができて自信になりました。1勝目と2勝目の間が空いてしまったので、3勝目はもう少し早く達成できるように頑張りたいですね」。

いまツアーは、“黄金世代”や“プラチナ世代”、さらには“新世紀世代”という若手の台頭もあって隆盛を極める。14年にプロ入りした永峰は25歳になった。「もう若手ではないですよね(笑)。ただ中堅かと聞かれると難しい。でも年下と回ることが増えてきたので、やっぱり中堅かもしれませんね(笑)」。日本一になった後も変わらぬ素朴な笑顔で、ここからさらに存在感を発揮していく決意に力を込めた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ノーシードからの下克上ならずも今後に光 1打差惜敗・田辺ひかりが悔やんだ“幻の2バーディ”
・大会史上最年少Vならず 西村優菜はバーディ奪えず7位で終戦「メジャーの難しさを感じた」
パーゴルフ編集部インスタギャラリー